1. 捨てられない女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

捨てられない女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

捨てられない女

モノを捨てられないのはもったいないからじゃない。本当は捨てるのが面倒なだけなのだ。

“捨てられない女”は、本当に何ひとつ捨てられない。着なくなった下着から履かなくなった靴、持たなくなったバッグまで、ブランドものの紙袋なんて10年分は取ってある。でも、なぜそんなに捨てられないのか?もちろん、もったいないから。いつか何かに使えるかもしれないから。きっとそう言うだろう。でもそれ以上に、捨てるのが面倒だからなのじゃないか。何ごともグズグズと決められない、そしてちょっとダラしない、そういうタイプが“捨てられない女”になるわけだが、自分自身がそうだからよくわかる。結局は面倒だから捨てられないのだ。捨てる勇気がなくて・・・・・・なんて思いこみ、じつは億劫だから捨てられないのだ。

よく賞味期限の切れた食品が、もう食べるはずがないのに冷蔵庫にしまわれてたりするのも、要は捨てるのが面倒だからだが、使う可能性がほとんどないものを“いつかまた使うかもしれないでしょ?”と自分に言いきかせて取っておくのも、要するに面倒だからなのである。そしてモノを捨てられないと、結果、家は散らかり、生活はアレて、気持ちもすさむ。だから、マズイのだ。そして気がつけば“捨てられない女”は、古くなった恋とか、危うくなった自分の立場とか、もう実現不可能になった可能性とか、そういうものも捨てられない。生きていく上で当然捨てたほうがいいものも、そっくり捨てられない。だから、心の中がどんどん散らかり、人生がアレて、自分自身がよどんでいくのである。