1. 掴み取る女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

掴み取る女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

掴み取る女

掴み取る女は冷静に結婚をすませるが、掴めない女はそこでついつい恋愛に走ってしまう

どんな時代でも確実にいる、何でもかんでも手に入れたい、しかも一度掴んだら離さない、女とし徹底して欲ばりな女が・・・・・・。他の女より明らかにいろんなものを手に入れているのに、それでも決して満足はしない、もっともっとと貪欲に次のものを取りに行く女が・・・・・・。ところがそういう女は、意外なことに他の女たちにあまり嫉まれない。掴み取る女は、結局他の女よりも一生懸命なだけ。幸せになることに対して、脇目もふらずにまっすぐに突き進んでいるだけ・・・・・・。同じ女の目には、そこがかえって“けなげ”にうつるのだろう。

しかし、同じように貪欲に掴み取りたいのに、そして努力もしているのに、どうしても欲しいものを手にできない女もいる。掴み取る女と、掴み取れない女、一体何が違うのか。偶然にすぎないかもしれないが、“掴み取る女”は概して結婚が早い。早婚ではなくても、結婚してからパワー全開となって、あれこれ掴めてしまったというタイプも少なくない。偶然にしてもなぜだろうと考えた。

何もかも欲しい女にとって、結婚は言うならば大前提であり基本。だからそういう女たちは何はともあれ、結婚をすませるのだと思われる。おそらく“結婚”は、女が本能でまっ先に掴んでしまうものなのだろう。掴み取る女ほど結婚をしなきゃ何も始まらない・・・・・・のである。そして、したいと思った時に、結婚できるのが“掴み取る女”の何よりの特徴と言ってもいい。ハッキリ言ってしまえば、大恋愛なんてする必要はない。パートナーとしてふさわしい相手ならば、“激情”はいらない。そろそろ結婚したいと思っている男と、泣いたり騒いだりしない、爽やかな恋をするから、むしろとんとん拍子で事が運んでいき、とてもさらりと結婚する。そしてまた、とてもさらりと子供を産んで、当然のように仕事に復帰する。本領を発揮するのはそこからで、独身時代とはスケールの違う活躍をしたりする。だから芸能人なら、妻であり母でもあるのに、この活躍!という具合に尚さら注目を浴びるのである。