1. ニキビ跡を作らないケア方法を教えて!?

2016.04.22

ニキビ跡を作らないケア方法を教えて!?

タカミクリニック医院長 高見先生が、美容医療の見地から、ビューティのハテナに答えるQ&A。聞き手はビューティエディター安倍佐和子さん。

ニキビ跡を作らないケア方法を教えて!?

Image title

ニキビ跡を作らないケア法って?

ニキビをうまくつぶせても、しばらくは赤みが残りますよね。そんなとき、ターンオーバーを促進させれば早く治るのかな、とスクラブケアする人も……。刺激を与えると跡になっちゃうのに。

Image title

ニキビをつぶした後の赤みは治癒の過程ですから、3ヵ月もすれば大抵消えます。

ほんとうの意味でのニキビ跡とは、茶色っぽい色素沈着や皮膚の凹凸のこと。例えば、虫刺されの跡が残りやすい人や日焼けしやすい人は、色素沈着しやすいので特に気をつけてください。また、ニキビのケア法を間違えて、基底層まで傷つけてしまうと、皮膚が陥没してしまうこともあります。ニキビは小さな傷と一緒なんです。

ニキビ跡ができてしまった場合の対処方法ってあるんですか?

もともと色素沈着しやすい人は、ビタミンCの摂取量を増やしたり、イオン導入、ビタミンC入りのローションや美白ラインの化粧品を使うというのも手です。凹凸のニキビ跡になってしまったときは、ご自身での対処は難しいので美容皮膚科に。レーザー治療やヒアルロン酸注入、ケミカルピーリングなどの本格的なケアをすることをおすすめします。
また、治癒の過程でかさぶたができたときは、かさぶたを無理に剥がしとってしまわないことが大切です。かさぶたの下に形成されている幼弱な皮膚まで一緒に剥がれてしまい、色素沈着や凹凸などの原因になることもあるのです。
ニキビ跡を治すことはとても難しいことです。ニキビができてしまったら、ニキビ跡を意識したケアをしてください。

基底層
皮膚の最も外側にある「表皮」(厚さ0.2mm~0.07mm)の最下層。皮膚細胞を生み出し、肌のターンオーバーを司る。傷つけると皮膚細胞を生み出せなくなる可能性があるので要注意。

協力:タカミクリニック
http://www.takamiclinic.com/

イラスト:いいあい