1. 男を最優先させる女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

男を最優先させる女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

男を最優先させる女

男を最優先させるほど女は"時間"と"自分自身"をギセイにしていく

たとえば、女友達とのゴハンの約束も、カレから「会おう」と言われれば、迷わず男を優先させてしまう・・・・・・そういう人ってわりに少なくないと思う。もちろん、女友達には「仕事が入っちゃったのォ」とウソをつく。でも、そこにあんまり罪悪感はない。だって私は女。男を優先させて当然じゃない?って。こんなこともあるかもしれない。仕事で残業や休日出勤を余儀なくされても、カレとの約束があれば、「私はムリです」とためらいなく言い放ててしまう。だって人生でいちばん重要なのは“愛”でしょう?仕事よりも愛のほうが大切でしょう?と・・・・・・。男を最優先させる性癖・・・・・・それはひょっとすると、生まれながらに決まっている“女の血液型”みたいなもので、もう変えようがないのかもしれない。だから、“それは友情をないがしろにする心のない女のすること”と言われても、またそれが社会人としてあるまじき行為と罵られても、どうしようもない女の生理みたいなもの。友情も大事、仕事も大切、でもどうしようもないのである。

さて、こういう女は往々にして男を好きになりすぎる。なにしろ、頭の中を占める割合も男がダントツに多いのだから、そうなって当然。ただ、ひとたびその恋愛がうまくいかなくなれば、なおさら頭の中が男で詰まってしまうから問題なのだ。もちろん、本人も望んでそうしているわけではない。ちょっとでも男の気持ちが離れそうになると、いてもたってもいられなくなるのは性分、できればやめたいと思っているものなのだ。それでもやめられないからこそ、女の“生理”。愛されたいという生理。ひとりになりたくないという生理でもあり、幸せになりたいという生理でもある。もっと言えば、早く幸せにならなきゃいけないという、焦燥感混じりの生理。それは他人も自分も止められない、とても強い衝動だ。