1. 自分を最優先する女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

自分を最優先する女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

自分を最優先する女

自分を最優先させていることに気付かない女は、ある日突然不幸になるからコワいのだ

人はみんな、ひとまずは自分を最優先すればいい。しかし“自分は二の次”のふりをしながら生きていかないと、世の中殺伐とするだろう。だから、自分のことを、ふだんはむしろ忘れてしまっているべき。心の中にしまっておくべきなのだ。自分が唯一自分の姿を見られないのは、自分を最優先させないため。だから、大人は家を一歩出たら、自分のことを忘れて一日を過ごす。そういう生き方ができてこその大人なのだと思う。そして、一歩外に出たらその時々で、最優先させる相手を臨機応変に変えていく。最優先させるものを巧みに変える、それができたら女も完璧。それが的確な人こそが、よく気がつく賢い人、バランスのとれた正しい人と認識されるのである。

たとえば、仕事の場ではほとんどその瞬間その瞬間で、優先すべきものが変わっていく。2人の上司に別々の指示を受けた時、どちらを優先するか、その時の判断は、仕事の能力のうちである。まったくくだらないけれど、“部長代理”と“部長補佐”がいたら、いつどんな場面でどっちを優先すべきかなんてことも、じつは大人には必要な智恵であると思う。また、ひとつの部屋に複数の人がいた時、部屋の温度をその中の誰の快適を優先して設定するか、なんてことも大人のセンスを問われる場面。

ともかくそういうふうに、その時々で最優先すべきものが変わるのが世の中なのに、いつどこへ行っても自分を最優先させてしまう人がいる。人は子供の頃、親にずっと最優先されているからこそ、大人になってから自分以外の誰かを最優先する術を知る。けれど親が子供を最優先しすぎると、その子はカン違いしながら大人になってしまう。自分がこの世でいちばんエライっていうふうに。ただ、人前で露骨に自分を最優先する人はまだわかりやすい。問題は知らないうちに自分を最優先させる人……。