連載 齋藤薫の美容自身stage2

自分を最優先する女

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

自分を最優先させていることに気付かない女は、ある日突然不幸になるからコワいのだ

人はみんな、ひとまずは自分を最優先すればいい。しかし“自分は二の次”のふりをしながら生きていかないと、世の中殺伐とするだろう。だから、自分のことを、ふだんはむしろ忘れてしまっているべき。心の中にしまっておくべきなのだ。自分が唯一自分の姿を見られないのは、自分を最優先させないため。だから、大人は家を一歩出たら、自分のことを忘れて一日を過ごす。そういう生き方ができてこその大人なのだと思う。そして、一歩外に出たらその時々で、最優先させる相手を臨機応変に変えていく。最優先させるものを巧みに変える、それができたら女も完璧。それが的確な人こそが、よく気がつく賢い人、バランスのとれた正しい人と認識されるのである。

たとえば、仕事の場ではほとんどその瞬間その瞬間で、優先すべきものが変わっていく。2人の上司に別々の指示を受けた時、どちらを優先するか、その時の判断は、仕事の能力のうちである。まったくくだらないけれど、“部長代理”と“部長補佐”がいたら、いつどんな場面でどっちを優先すべきかなんてことも、じつは大人には必要な智恵であると思う。また、ひとつの部屋に複数の人がいた時、部屋の温度をその中の誰の快適を優先して設定するか、なんてことも大人のセンスを問われる場面。

ともかくそういうふうに、その時々で最優先すべきものが変わるのが世の中なのに、いつどこへ行っても自分を最優先させてしまう人がいる。人は子供の頃、親にずっと最優先されているからこそ、大人になってから自分以外の誰かを最優先する術を知る。けれど親が子供を最優先しすぎると、その子はカン違いしながら大人になってしまう。自分がこの世でいちばんエライっていうふうに。ただ、人前で露骨に自分を最優先する人はまだわかりやすい。問題は知らないうちに自分を最優先させる人……。

そういう人がいちばん注意しなければならないのは“自分にしか興味のない女”になってしまうこと。知らず知らず自分を最優先にしている人は、誰といても相手を見ずに自分ばかりを見つめるようになってしまう。恋人といても、恋人を見ているようで、じつは見ていない。自分が相手にどううつっているかということばかりに気持ちが向いてしまう。恋愛はするけれど、厳密に言うと、愛しているのは自分で、相手を愛していない。いつも一緒にいるけれど、相手を見ていない。相手の話を聞いていない。最初は相手もそれに気づかないが、付き合いが深まるほどに、彼女が自分しか見ていない女であることに気づくはずなのだ。

かつてのオスカー受賞映画に、ロバート・レッドフォードが監督した『普通の人々』という名作がある。非の打ちどころがなく見えた妻の、息子への接し方を見ていくうちに、彼女が“自分しか愛せない女”であることに気づいていき、結婚して20年もたつのに、夫は突然、妻に別れを告げる。ありそうだからこそ、とてもコワイ映画であった。じつはそれを見て、本当にコワくなった女がいっぱいいたらしい。ともかく、自分しか見ていない、自分にしか関心がない、自分を最優先する女は、そんな自分に気づいていないからこそ、うっかりすると突然不幸になりかねない。それは突然やってくるから、早いところそれを自覚し、目を覚ましてほしいのだ。

すでに書いたように、自分を最優先する女は、向上心が強い、自分をともかく上へ上へ前へ前へ押し出そうと努力をおこたらない。だから基本的には、ぐんぐんのびていって、女性としてのランクを高めていくことになるのだろう。それは、女の生き方として、決して間違いではない。しかも、自分を大切にするから、人より早く人より大きな幸せをつかむ可能性も高い。でも、自分を最優先していることを、何かの拍子に周囲に気づかれたり、恋人や親友に気づかれたりしてしまう、その時がコワいのだ。映画『普通の人々』では、妻が心から愛していたはずの長男がボート事故でなくなった時、その告別式に出かけようとした夫に、その妻がこう言うのだ。「そのシャツは変だから、他のものに替えて」と。夫はそれを何年もたってから思い出す。それは、“妻が自分しか愛せない女”であることに気づく瞬間だった。これならばいっそ、“誰から見ても身勝手でわがままな女”のほうが悲しい人生を強いられなかったりするのかもしれない。

基本的にはうまく生きていて、まわりには愛してくれる人がいっぱいいる。なのに自分自身は、心の奥のほうで自分を最優先し、自分しか愛せない、冷たい心を息づかせてしまっている。そういう人は、自分を最優先する自分に早く気づき、どうか自分以外の誰かにもっと関心をもってほしい。誰かを時々自分より優先できないと、人は最後まで孤独でいつづけなければいけなくなる。しかも皮肉なことに、自分しか愛せない人ほど、孤独を恐れている。ガンガン自分を磨いて向上させて、一人で生きていく力を難なく身につけるのに、じつは一人では生きられない。生活力はあっても、生きられない。誰かが自分を見ていてくれないと、自分を優先できないからである。

だから、自分最優先の女は、生きていくことが案外しんどい。自分を大切にしているから一見楽に思えるが、周りに人がいっぱいいてほしいのにいない、そういう状況になりがちだから辛いのだ。自分を最優先する・・・・・・人としてそれは当たりまえのことだからこそ、そうありすぎてはいけない。自分を優先する姿を人に見られてはいけない。自分を充分大切にはするけれど、最優先はしない。そのサジ加減が、女の幸せのキモである。

自分を最優先する男の見分け方

たとえば、雨が降っている日のデート。ちょっとした彼の言動から、彼の本性が読み取れたりするもの。目指す店とその駐車場が離れたところにあったら、彼女をまず店の前に降ろしてから、自分ひとりで車を停めに行き、ひとり雨の中を歩いてくる・・・・・・男には当然そのくらいの気配りをしてほしいわけだが、自分最優先の男はそうしない。女のほうにもきっちり雨の中を歩かせる。ただ気が利かないだけじゃない?と思うだろうが、自分最優先の男は、気が利かない以前に、自分がかわいそうになることはしないのだ。もちろんそれは、女性をいたわることをうっかり忘れたにすぎないのだろう。女はともかく、髪の毛を濡らすことと、靴を汚すことが大嫌いだという常識を。でも、人間の本質はそういうふとした拍子にこそ、正確に見えてくるもの。店の前を通り過ぎて、駐車場まで女を乗っけて行ってしまう、そういう瞬間を見逃さないでほしいのだ。

そもそも、付き合っていていちばん女を失望させるのは、たぶんこの“自分を最優先させる男”であると思う。「週末会える?」と聞いて「そんなのその時にならないとわからない」というような男も要注意。そういう男がますます自分を大切にしていくと、自分しか愛せない男へと進化していく。結婚していちばん女を辛くする男に発展しかねない。早いうちによく見極めておくことだ。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ