1. 眠りに逃げ込む女の人生

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

眠りに逃げ込む女の人生

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

眠りに逃げ込む女の人生

人は眠るのが惜しいと思うほどの人生を送るべき。そう思えないのは、体力でなく心の力不足。

ある企業には、採用の面接の時に平均睡眠時間を聞く習慣があるという。短い睡眠時間で活動ができる人は、言ってみれば細胞活性力が高くて、だからいつも生き生き元気で、頼まれない仕事も自らすすんでやれてしまうタイプであるという判断からである。しかし、人それぞれ必要睡眠時間は異なり、4~5時間の睡眠時間で、充分元気で動きまわれる人と、8~9時間眠らないとどうにも体が言うことをきかない人と、体質的にハッキリ2タイプあるというのもまた確か。

つまり睡眠時間の差は、あくまでも体質的なもので、人の能力に関わる深い意味はないと考えていいはずなのだが、たとえば“30代で起業して大成功をおさめました”みたいなエネルギッシュな女性は「睡眠時間?4時間で平気。それ以上寝てられない性分」などと涼しい顔して言う。やっぱり人の人生は睡眠時間に左右されるのか?少なくとも世の中には眠ることがもったいないと感じる人と、一分でも長く眠らないともったいないと感じる人がいる。それだけで、二人の人生はまるで違うものになってくるのだろう。