1. ○な女と、×な女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

○な女と、×な女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

○な女と、×な女

自分が相手を好きにならないと、いつまでたっても女は○をもらえない。

たとえばこんな場面。合コンにちょっと遅れると電話してきた男が、「どーお?」と聞く。すでに女の子たちと会っている男が、「今日はマル」とか「うーん、バツだな」などと小声で報告・・・・・・一体何が○で、何が×なのか?いや私たち女だって、○と×の意味くらい説明されなくたってわかってる。説明なんかしないでほしい。しかし、○と×の境目ってどこにあるのか、それだけは知りたい気がしてしまう。そして、ふつうに考えると、○とも×ともハッキリ言えない、△程度の女がいちばん多いはずなのに、男たちにとって△な女はあまりいなくて、○な女か×な女ばかりなのは、一体なぜなのだろう。

まず、“△の女”がいないのは、“○の女”以外は言い訳もさせず有無も言わせず全部失格だから。本当に忌々しいが、こういう時、自分たちのことはタナにあげて、女に対する男たちの評価基準はとても明快。まずは容姿を書類選考のようにふるいにかける。カワイくなきゃ話にならないでしょとばかりに、○×をつけるのだ。ちなみに、ここで言う、容姿ヲとは、顔だちが50%で、残り50%がスタイルと全体の雰囲気がイケてるかイケてないかってこと。ここで75点はとらないと×になる。

そして少し会話すればわかる、へんな子や暗い子やカン違いした子や常識のない子に、さらなる×をつけて、○を絞りこんでいく。最初は×をつけたけど、あまりにもいい子なのであとで○に昇格するみたいなケースもなくはないけれども、そういう温情はめったにかけられない。×は最後まで×だったりするのである。しかしそういう○×の採点に対し、目くじらは立てにくい。だって彼らがつける○×は、ある意味で至極ごもっとも。反論のしようがないほど当たっていたりする。女として、男に対して、“○の女”になろうという努力をおこたれば、即刻×をつけられる、それだけのことだからである。