1. 丸い女、四角い女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

丸い女、四角い女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

丸い女、四角い女

相手のカドを作っているのは自分のカドだったんだ!!

丸い女と四角い女・・・・・・言うまでもなく、丸い女のほうがカドがない分だけオトナ。「あの人も、丸くなったね」などと言うように、人間はうまく転がりながら、しだいにカドが取れていくものなわけである。ちなみにここで言う四角は、四角四面の生まじめを指す四角じゃなく、カドがあるという意味の四角・・・・・・。 丸ければ、周囲とのマサツもなく、文字通り円満に事が運ぶが、四角いとゴロゴロといちいちカドがぶつかり、痛い。

ただ丸は何事もなく、自分の行きたいところへ一定方向に転がっていくだけだが、四角いほうはサイコロのように、何だかイレギュラーな動き方をし、まさにどこに行ってしまうか自分でもわからない。だから四角いほうがおもしろくはある。第一、丸はいつも同じ面しか見せないし、引っかかりがないから、あまり記憶に残らないが、四角はまさにサイコロのように唐突にいろんな面を見せてくる。プレゼンテーション的にインパクトが強いのは確か。「あの人、最近すっかり丸くなっちゃって、つまらなくなったね」などと言うように。さあ困った、丸い女であるべきか、それともまだまだ四角い女でいるべきか・・・・・・。

こんなケースがある。とっても仕事ができて優秀なのに、それまでの仕事場ではイマイチ芽が出ず、長年いても評価を得なかった人がいる。ところが転職したとたん、頭角を現し、重要な仕事を次次任されていった。一体何がどう変わったのか?