連載 齋藤薫の美容自身stage2

丸い女、四角い女

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

相手のカドを作っているのは自分のカドだったんだ!!

丸い女と四角い女・・・・・・言うまでもなく、丸い女のほうがカドがない分だけオトナ。「あの人も、丸くなったね」などと言うように、人間はうまく転がりながら、しだいにカドが取れていくものなわけである。ちなみにここで言う四角は、四角四面の生まじめを指す四角じゃなく、カドがあるという意味の四角・・・・・・。 丸ければ、周囲とのマサツもなく、文字通り円満に事が運ぶが、四角いとゴロゴロといちいちカドがぶつかり、痛い。

ただ丸は何事もなく、自分の行きたいところへ一定方向に転がっていくだけだが、四角いほうはサイコロのように、何だかイレギュラーな動き方をし、まさにどこに行ってしまうか自分でもわからない。だから四角いほうがおもしろくはある。第一、丸はいつも同じ面しか見せないし、引っかかりがないから、あまり記憶に残らないが、四角はまさにサイコロのように唐突にいろんな面を見せてくる。プレゼンテーション的にインパクトが強いのは確か。「あの人、最近すっかり丸くなっちゃって、つまらなくなったね」などと言うように。さあ困った、丸い女であるべきか、それともまだまだ四角い女でいるべきか・・・・・・。

こんなケースがある。とっても仕事ができて優秀なのに、それまでの仕事場ではイマイチ芽が出ず、長年いても評価を得なかった人がいる。ところが転職したとたん、頭角を現し、重要な仕事を次次任されていった。一体何がどう変わったのか?

答えは簡単。単にこの人が“丸い女”であり、前の職場は四角い女ばかりだったから、力を発揮できなかっただけ。“丸い女”は“四角い女”だらけの場面では四角と四角の間に入って、クッションの役割は果たしたりするものの、自分が四角の前に出ようとはぜったいにしない。いや、前へ出ようとする四角たちに阻まれ、自分は後ろのほうで小さく丸まっているしかないのだ。だから丸い女は、往々にして四角い女の中でうもれる。四角い人間関係の中では、イイ人すぎてゴムまりみたいにつぶされる。丸い女はずっと丸くあろうとするあまり、人との争いを避けてまわり、結局自分を前に押し出せずに終わることが多いのである。

しかしその反面、どんなにトゲトゲ四角い女とも、ひとまずうまくやるのが丸い女の得意技。四角い上司に思い切り気に入られたりする可能性も。だから職場を変えたら、たちまち成功・・・・・・そんな展開になりがちだ。ただどちらにしても、社会において丸い女は、四角い女にある種翻弄されながら生きていく。少し損な役まわりなのである。だからと言って、四角い女として生きていくのも、そう楽ではない。四角いカドは、まわりの人に当たって痛みを与えるばかりでなく、自分自身も当たると痛い。自分のカドも痛むのである。当然のことながら、人間関係で泣いたり騒いだりするのは“四角い女”のほう。カドを人に当てながらも、自らが被害者意識をもってしまうのが、四角い女。いや、四角い女のほうがむしろナイーブだったりして。だから自分の心の痛みばかりにとらわれて、他人の心を傷つけていることに気づかなかったりする悪いクセをもっている。四角い女は罪深いが、その反面、気の毒なほど辛いのだ。

じゃあどうすればいいのか? クッションでできたサイコロみたいに、当たっても痛くない、でもちゃんと面を現して自分を主張することもできる、カドのとれたやわらかい四角になる・・・・・・というのはどうだろう。でもそのカドはどこでどのように削ることができるのだろう。これは少なくとも、四角い女だらけの場所でないことだけは確か。カドとカドがぶつかれば、そのカドは折れるかもしれないが、その代わりもっと鋭いカドができてしまう。カドを上手に削ってくれるのは、ちょうど河原の小石が丸くなるように、カドのない石とよどんでいない川の流れ。つまり、丸い女たちと良い環境だけ。

人格は、その人がどういう環境で誰にどう育てられたかで半分以上が決まるという。が、社会人になってからも、人格は揺れ動く。関わる人間を選べない仕事の場面では、学生時代までにしっかり固まっていたはずの人間性がまたぐらぐら揺れるのである。自分が置かれた環境と、関わる人間によって、カドが取れたり、もっと鋭いカドをもったり、心の形は意外なくらいに激しく変動してしまうのだ。まわりの人間が自分を作り、自分がまわりの人間を作っていく、社会とはそういう場所であることを忘れてはならない。

世の中、基本的には売り言葉に買い言葉。やっぱりカドがカドを作り、鋭いカドがさらなる鋭いカドを作っていく。だとすれば、丸い女の中に身を置くのがいちばん。つまり、自分が今置かれている環境が、どうしようもなくカドだらけで、流れもよどみ、ここにいたらどうにもカドを削ることなんてできない、むしろどんどん自分がゴツゴツになっていくと、そう思うならば、いっそその場所から離れてみるのも手かもしれない。でもその前にやってみてほしいのは、人間関係すべて、売り言葉に買い言葉なら、自分がカドを出さず、まんまるの女になって、自分でも不気味なほどやさしく相手に接してみること。これが不思議に相手のカドを取りのぞく。その時初めて相手のカドを作っていたのは、自分のカドだったことにも気づくだろう。

四角い女が丸い女を一生懸命装う時・・・・・・それは案外、女がいちばん魅力的に見える瞬間なのかもしれない。そして、周囲にも丸い女を増やしていく、幸せの始まりなのかもしれない。

何となく丸い女はどこがどう丸いのか?

女は全員、丸か四角か、どちらかのイメージをもっている。ひと目で丸か四角かがわかるのだ。第一印象に丸か四角が含まれている、そう言ってもいい。そういうイメージをつくっているものとは何なのか。丸か四角かを分けるのは何なのか?まずひとつに、顔の輪郭と目の印象。ふっくらした丸顔で、くるっとした二重の大きな目の持ち主なら、間違いなく“丸い女”。人の印象を決める上で、なんだかんだ言ってもいちばん大きな決め手となるのは、顔なのだ。美人かどうかではなく、パーツパーツが具体的にどんな形をしているか、それが物の形のように相手へ正確に伝わっていくのである。

しかしその第一印象を一瞬で塗り替えるのが、声と言葉の放ち方。丸顔で目もくるくるの、誰が見たって丸い女も、ちょっときつい口調でものを言えば、たちまち四角い女に転換するだろう。言葉はおだやかでも、声と発声にすっとしのびこむカドを人は決して聞きのがさない。わずかに冷たいトーンが入れば、丸はたちまち四角になる。そして相手を一瞬で身がまえさせることになるのだろう。言葉のひとつひとつを丸く言うか、それともカドカドをつけて、四角く言うか、ハッキリ言ってそれが印象のすべてなんである。

丸か四角かを決めるのは、やっぱり形ではなく、気持ちなのだと思い知る話。カドを取りたいなら、眉をラウンドに描き直すより、言葉を丸く言うほうがずっと早いのである。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ