連載 齋藤薫の美容自身stage2

女と男釣り合いの美学

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

釣り合いのバランス感覚が良すぎると、女は結婚できない?

何だかすっかり、“見てくれ”の時代になってしまった。「中身が大事」「内面を磨きましょう」「美しさは内側からにじみ出るもの」・・・・・・そういう提案も今や空しく、みんなせっせと外側の美を磨いている。その結果、男も美しい男がエライ時代。男はやっぱり若くてキレイなほうがいいよね、なんて、“若くてキレイな女の子”ばかりをチヤホヤしてきた男たちを、私たち女がぜんぜん責められない雰囲気になってきた。

となれば当然、カップルの“釣り合い”の方程式も変わってくる。今は男のほうが少々キレイでも、あまり違和感がなくなった。ヘタをすると“美人”以上に、“イケメン”が勢いよくもてはやされる世の中では、男のほうにも“美しいから愛されるのだ”という自負が生まれ、イケメンが何より好物の女とは利害がうまく合致するわけで、これは、女が男を選び“男が女に選ばれること”に抵抗があまりない時代がもたらした、“新しい釣り合い”なのだと思う。

でも、そうなってみて初めてわかったことがある。つまり、私たち女がなぜこんなに形の美しさにこだわるのか、初めてわかったのである。今まで、男たちが“若い美人”ばかりをチヤホヤする理由を、本当はわかっていなかった。ただのスケベ心くらいにしか思っていなかった。でも、自分たちがイケメンをチヤホヤしてみて初めてわかったのだ。若く美しい異性を求めるのは、すなわち“浄化”。空気の悪いゴミゴミした都会を離れ、清々しく透明なものを求めて、朝の高原で思い切り深呼吸したいと思っちゃったり、清流に足を突っこみたいと思っちゃったりする、あの気持ちとあまり変わらないのである。

美しきものは、清らかなるもの、透明なるもの。人は歳をとるほどそういうものを本能で求めるから、オバサマが韓国イケメン俳優に生涯最大の恋をしても別に不思議じゃない。朝の澄んだ空気のような清らかなお顔で、「みなしゃん、愛してまちゅ」なんて言われたら、女たちがみんなそこで涼をとりたくなって当然。つまり“見た目の美しさ”を求めるのは、いろんな意味での浄化なのだ。自分の身のまわりを浄化したい本能が、女をイケメンに走らせるのである。しかしもし仮に、イケメンを“浄化”のために選び、結婚までしてしまったとしたら、そこにはまたまったく別の価値観が生まれるのだろう。

いかなる清らかなイケメンも、一緒に暮らせば、人間だもの、清らかではない部分をたくさん見せてくる。そういう時、男なら別の“若い美人”に何度でも走るのかもしれないが、女はそこが男より少しだけ賢い。別の清らかなイケメンに走っても、結果は一緒。だからそこで初めて、男はやっぱり外見より中身だわと気づくことになる。もちろんその前に、美しい男を選べば、その男と釣り合いがとれるよう、自分も美しさを磨くであろうし、もし彼が中身の貧しい男でも、彼を成長させるべく、ともに成長しようと、前向きに考えるかもしれない。いずれにしても必ず前に一歩進む。美しい男で“浄化”を果たそうとする女たちも、そこがただの“面食い”とはちょっと違うのだ。

言いかえれば、女は“外見”と“内面”の間でゆれ動きながら、結果的に少しずつでも進化していく生き物なのだ。「やっぱり見た目」と思う時に、外見を磨き、いや「やっぱり人間中身かも」と思う時に、内面磨きに目覚めたりする。女は結局、死ぬまでそれを繰り返しながら、ジグザグにでも前に進んでいく生き物。男の選択肢も行ったり来たりしながら、やっぱり前に進むのである。そうこうしているうちに、いつの間にか釣り合いのとれる男と一緒に歩いていくことにもなるのだろう。ともかくそういうふうに、女はいつの間にかバランス感覚を養っていくのである。

しかしながらいつまでも結婚しない女は、そのバランス感覚が優れすぎている。バランス感覚が良すぎると、自分に釣り合う男を見つけるのがかえって難しくなる。自分で自分の首をしめてしまうのだ。そう、むしろ釣り合いのバランス感覚は多少悪いほうが、男を獲得しやすいのである。とても単純に“身のほど知らず”で、自分とまったく釣り合いのとれない異性にでも平気で突っこんでいき、堂々と求愛する人のほうが、女も男も早々とパートナーを決められる。コンプレックスが強いと、自分よりだいぶ下のランクの相手を選ぼうとしたり、逆にまったく釣り合いがとれない“上モノ”を狙ったりするものだが、そういう意味でもバランスなどが悪いほうが、早く相手をつかんでしまえるのだ。つまり、もともと男と女の釣り合いに法則やルールなんてないのである。

最近は女のほうが背が高い、いわゆる“ノミのカップル”もふつうに存在する世の中。バランス感覚がヘタに優れていると、相手に対し、自分との釣り合いを読みすぎて、未来を大きく狭めてしまうので、くれぐれもご注意を。何でもありの時代、男と女の組み合わせも何でもあり。大丈夫、女にはいつの間にか、男との釣り合いを自らとっていく本能があるから、最初は“身のほど知らず”でも“ノミのカップル”でも、何でもいいから始めてしまってほしい。釣り合いなど考えずに、本能と欲望のおもむくままに男を選んでしまってほしいのである。

美しい男を選んだ女の幸せと不幸せ

結婚して20年になるというある夫婦は、周囲が辛くなるほどの亭主関白。妻は夫の言いなりだから、夫はいつも威張っていた。夫が浮気をしても、妻はおいおい泣きながら、結局はいつも許していた。周囲はなんで?と不思議がる。いや、男女の仲はカップルの数だけあるし、本当のところは当事者にしかわからない。ただそれにしても、男がエラそうすぎた。じつはこの夫婦、誰が見ても男のほうが美しく、そして女のほうが男により惚れていた。でも、そんなことで本当に女はあんなにも男の言いなりになっちゃうの?と周囲は合点がいかずにいた。でも、本当にそんなことで、女は男の言いなりになってしまうのである。

『痴人の愛』的な関係は、むしろ“男がより美しい場合”のほうが成立しやすいものかもしれない。なぜならば、女の美意識のほうが外見の美しさに対する執着が強いからである。男は純粋な美への執着よりは、性的な欲望を向ける生き物だから、キラキラの美人妻を持っていても、妻より劣る女と浮気ができてしまう。しかし女が男を顔で選ぶと、わりとそれだけで愛情が持続してしまったりするのである。こういう場合は、いくら激しい倦怠期がきても男の残したご飯粒を見るのもイヤ・・・・・・みたいにはなりにくいから、別れない。それが幸せかどうかは、その人それぞれだけれども。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ