1. 女と男釣り合いの美学

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

女と男釣り合いの美学

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女と男釣り合いの美学

釣り合いのバランス感覚が良すぎると、女は結婚できない?

何だかすっかり、“見てくれ”の時代になってしまった。「中身が大事」「内面を磨きましょう」「美しさは内側からにじみ出るもの」・・・・・・そういう提案も今や空しく、みんなせっせと外側の美を磨いている。その結果、男も美しい男がエライ時代。男はやっぱり若くてキレイなほうがいいよね、なんて、“若くてキレイな女の子”ばかりをチヤホヤしてきた男たちを、私たち女がぜんぜん責められない雰囲気になってきた。

となれば当然、カップルの“釣り合い”の方程式も変わってくる。今は男のほうが少々キレイでも、あまり違和感がなくなった。ヘタをすると“美人”以上に、“イケメン”が勢いよくもてはやされる世の中では、男のほうにも“美しいから愛されるのだ”という自負が生まれ、イケメンが何より好物の女とは利害がうまく合致するわけで、これは、女が男を選び“男が女に選ばれること”に抵抗があまりない時代がもたらした、“新しい釣り合い”なのだと思う。

でも、そうなってみて初めてわかったことがある。つまり、私たち女がなぜこんなに形の美しさにこだわるのか、初めてわかったのである。今まで、男たちが“若い美人”ばかりをチヤホヤする理由を、本当はわかっていなかった。ただのスケベ心くらいにしか思っていなかった。でも、自分たちがイケメンをチヤホヤしてみて初めてわかったのだ。若く美しい異性を求めるのは、すなわち“浄化”。空気の悪いゴミゴミした都会を離れ、清々しく透明なものを求めて、朝の高原で思い切り深呼吸したいと思っちゃったり、清流に足を突っこみたいと思っちゃったりする、あの気持ちとあまり変わらないのである。