1. 女と男 釣り合いの経済学

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

女と男 釣り合いの経済学

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女と男 釣り合いの経済学

女は自分に経済力をつけた時、男の値段を計算しなくなる。

いわゆる“玉の輿”を狙う女は、‘80年代‘90年代に比べて、明らかに減った。それも自分の未来に対し、過度な夢を見ないという、近ごろの“堅実”意識がベースにあってのことだけれども、その一方で恋愛が“純愛化”していることが、“玉の輿”願望を鎮静化させたような気がしなくもない。

恋愛はバブル期にかなりゲーム化し、女たちはピュアな気持ちを伝えることよりも、“損をしないこと”のほうに、神経を注いだりした。ちなみに、今や死語となってしまった三高、すなわち“高学歴、高収入、高身長”を結婚相手の条件に据えたのは、まさにこの頃。必然的に恋愛には“電卓”が必要だった。この人の勤務先と学歴を考えると、将来どんな暮らしができるのか、この人はどこまで出世できるのか、そういうことを複合的に計算したはずである。でもやがて、その時にした計算がまったく計算ミスであったことに気づく妻たちも急増する。ボーナスカットに、リストラ、会社倒産・・・・・・もはや、女が男を“電卓”では選べない時代に入っていったのである。