1. やりたいことがある女と、ない女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

やりたいことがある女と、ない女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

やりたいことがある女と、ない女

"やりたいことのある女"は孤独に強い。つまり、ひとりでいても輝けるからまたすぐ幸せが来る良循環。

ある女優の“別れ”がちょっとした波紋を呼んでいる。女優の高樹沙耶さんが“フリーダイビング”の日本記録を作り、ワールドカップの2位(日本女子チーム)になるという快挙を成し遂げた時、コーチであり“恋人”でもある男性と二人三脚でその夢を叶えたことも当時ずいぶんと話題になった。しかしここへ来て、その男性とのハワイでの婚約同棲を解消。“生きていくスピードがまったく違うこと”を理由に別れを決意したとその人は語った。自分は回遊魚のように動きつづけていないと死ぬ、みたいな人だから・・・・・・。ワールドカップで勝利するという夢のひとつを叶えたとたん、また別のことがしたくなったからスローに生きる恋人のもとを離れた・・・・・・というふうにもそれは聞こえたものである。

考えてみれば、すごいこと。女優という仕事を持つ人が、今まで経験のなかった競技で、たちまち日本記録を打ち立ててしまうのだから。でもこういう人はたぶん他のことをやってもそれなりの結果を出してしまうのだろう。またこういう人だから、ひとつのハードルを超えると、すぐに次のハードルを超えたくなるのだろう。結果、つねにやりたいことがある人・・・・・・。この人の生き方を見ていると、つくづく思う。自分はなんて“やりたいことがない女”なのだろうって。そして“やりたいことがある女”は、なんて強いのだろうって。単純に、“やりたいことがある女”が“やりたいことのない女”より密度の濃い毎日を送り、人生を面白がれることはわかっていた。でもやりたいことがあると、女はある特殊な力を持てるのだということには、ここで改めて気づかされた。