1. 必要とされている女とされてない女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

必要とされている女とされてない女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

必要とされている女とされてない女

いちばん哀れなのは、忘れられた女……。だから"必要とされること"をテーマに女は毎日を生きていくべきだ。

5回の転職を経験した人がこう言った。自分が仕事をしているのは、“自分が誰かに必要とされていること”を確認するため。だから、ちょっとでも必要とされていない自分を感じると、すぐやめたくなってしまう。どうしてもワタシじゃないとダメ、と思ってくれる仕事場をさがすうちに、5回も転職を繰り返しちゃった・・・・・・。何となくわかる気がする。飽きっぽいのではない。仕事ができないわけでもない。でも何かを予感するたび静かに身を引きたくなる、そういう退職はよく考えると、“自分がこの仕事場で必要とされていないこと”を感じるからなのだと。

強く必要とされていないと、働く意欲を失う・・・・・・これは、働くものとしての強いプライドと、雇われるものとしての謙虚さが少し混ざった心理。それが人を退職まで追いこむということなのだ。おそらく人は“誰かを必要とする心”と“誰かに必要とされたい心”の両方をもっていて、年齢によって、環境によって、そして心の成熟度合いによって、その割合を変えていくのだろう。

言うまでもなく、子供の頃は“誰かを必要とする心”がほとんどを占めていて、大人になるにつれ“必要とされたい心”が育っていく。そして、30代あたりで“必要とされたい心”のほうが多少とも上回ることで、バランスのいい大人が作られる。5回転職を繰り返した人は、ある意味で精神的な成長は早いが、社会性がそこに追いつかずにプライドばかりが高すぎて、少々バランスが悪い状態にあるのだろう。でも“必要とされる喜び”に目覚めるのは、早ければ早いほどいい。誰かを必要としてばかりいると、いくつになっても自分を必要とする人が現れず、気がつけばとても孤独というふうになりがちだからである。