1. "苦手な女"との関わり方

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"苦手な女"との関わり方

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

"苦手な女"より一人でも多く"得意な女"を探すこと。それが苦手克服の近道。

苦手なら近づかなきゃいい。でも食べものの“苦手”は食べなきゃすむが、人の苦手、とりわけ同性の苦手は避けたくても避けられないから、ますます苦手になっていく。“苦手な女”ってそういうものなんじゃないだろうか。厄介なのは、“苦手な女”=悪意の女、では必ずしもなかったりすること。つまり、こちらが彼女を苦手としているだけで、彼女自身はむしろ世間じゃ“いい人”と思われていたりすること。世間にツマはじきにされているわけではないから、関わりを避けようにも避けられないケースも多い。ヘタをすると、同じ仲良しグループ内にすら“苦手な女”がいたりするから、なお厄介なのだ。

そこでその攻略法だが、人づき合いの鉄則として、“相手を知ること”が何より優先されるが、ここはまず、自分はなぜ彼女が苦手なのか、その理由を知ることから始めてみよう。負ける、疲れる、傷つく・・・・・・おそらく苦手な理由はこの3つに尽きると思う。自分にとっての“苦手な女”はそのうちどれに当てはまるのか、まずはそこを明快にしたい。ひとつめは“負ける”・・・・・・。意外に思うかもしれないが、人は勝ち目のない相手を理屈抜きに苦手と思う。スポーツの世界では、どうしても勝てないライバルを、“もっとも苦手な相手”と呼んだりするが、同様に女って、“すごい美人”には、それだけで何となく苦手意識を持ってしまう。それが女優やモデルなら素直に拍手が送れるのに、同じ会社や学校や、軽い知り合いに美人がいると、心のどこかで彼女を避けたいと思ってしまうのだ。