1. "苦手な女"と言われないために

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"苦手な女"と言われないために

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

「"苦手な女"はひとりもいない」そう言い切る人は誰かに苦手と思われている?

関わる相手に対し、苦手を感じやすい人は、警戒心や防衛本能が強く、心が敏感。自分を傷つけそうな人を瞬時に見抜いたり、反りが合わない人を匂いで嗅ぎ分けたり、そういう感覚が優れている人ほど“苦手な女”は多くなる。つまり“苦手な女”が多いからと言って、それだけで人づき合いがヘタとは言えないし、バランスが悪いとも言えない。むしろ敏感な分だけ、人との軋轢は少ないはずだ。“苦手”は苦手として、うまく対処すれば大きな問題はないはずだ。

むしろ“苦手な女”はひとりもいないっていうほうが不自然。自分には“苦手な女”なんてひとりもいない、自分は誰とだって大丈夫・・・・・・そう言い切る人の中には、周囲から逆に「ワタシあの人、苦手・・・・・・」と言われているタイプが少なくない気がする。誰もコワくない、何もコワくない、そういう人は人づき合いにおいてある種凶暴になっているのかもしれないし、みんなとうまく仲良くやっているつもりが、じつは周囲をとっても疲れさせていたり、傷つけていたりすることもある。“嫌いな人”がいないのはいい。でも“苦手な女”がいないのは要注意。

そもそも人づき合いにおいていちばんコワイのは、無神経になること。無神経が無神経を呼び、人の心が一切見えなくなるからコワイのだ。“苦手な女”がいない人は全員ひとまずは自分がそうなっていないかを疑ってみてほしい。まさか、と思っても、自分を疑うことでしかそれは防げないから、疑ってみる。誰も「私はあなたが苦手」とは言ってくれない。だから、まずは疑うこと。