ビューティニュース

VOCE年間ベストコスメ1位!【メイクはアイパレが主役の時代だから】ドラマを生むディオールの「ブラウン」パレットを![PR]

2020.12.22

VOCE2021年2月号 桐谷美玲

VOCE年間ベストコスメ1位! 圧倒的な存在感を示し、話題をさらったサンク クルール クチュール。美しい発色、計算されたエフェクト、そして素肌のように軽いタッチで、トップ オブ トップと呼び声の高いパレットから、ディオール史上No.1ヒット(※)となった「689 ミッツァ」を桐谷美玲さんがまとい、その魅力を語ってくれました。

VOCE2021年2月号 桐谷美玲

VOCE年間ベストコスメ1位! 圧倒的な存在感を示し、話題をさらったサンク クルール クチュール。美しい発色、計算されたエフェクト、そして素肌のように軽いタッチで、トップ オブ トップと呼び声の高いパレットから、ディオール史上No.1ヒット(※)となった「689 ミッツァ」を桐谷美玲さんがまとい、その魅力を語ってくれました。

美人見えブラウンでまなざしにドラマを!

サンク クルール クチュール ¥7600/パルファン・クリスチャン・ディオール

689 ミッツァ

サンク クルール クチュール 689 ミッツァ

「サンク クルール クチュールのミッツァは普段から愛用しているパレットで大好きなんです」

「赤み系のブラウンが気分、の今にピッタリで可愛いんですよね。キラキラの華やかなブラウンや、スルッと軽いマットブラウンなど、重ねても重く見えない仕上がりなのに、目元に存在感を出してくれる。人気なのもうなずけます!」(桐谷美玲さん)

VOCE2021年2月号 桐谷美玲

アイメイクを主役にしたい今の気持ちにフィットするのが大人気の「ミッツア」。クチュールブランドならではのカラークリエイションはもちろん、ノーメイクのように軽くしっとりとした“生質感”や、まぶたへのトリートメント効果で、絶世の美しいブラウンアイが完成する。赤みを帯びたコッパーブラウンやゴールドが織りなす表情は、まるで選び抜かれた生地や糸から生まれるディオールのドレスのよう! 見惚れるような華やぎ感がありながら日常使いできる、そのバランスが見事です。新定番として2021年のアイメイクも楽しんでいきたい!

VOCE2021年2月号 桐谷美玲

HOW TO:

サンク クルール クチュール 689 ミッツァ

【上まぶた】
①をアイホールに。
②を①の半分まで重ねる。
③を目のキワの3ミリくらいに重ねる。

【下まぶた】
④を目尻に入れる。
①と⑤を混ぜて目の下全体に入れ、④をなじませる。

【桐谷さん使用メイク】

EYE:
サンク クルール クチュール 689 ¥7600
マスカラ ディオールショウ アイコニック オーバーカール 090 ¥4200

CHEEK:
ディオールスキン ルージュ ブラッシュ 361 ¥5700

LIP:
ルージュ ディオール 525 ¥4500
ディオール コントゥール 525 ¥2900
ルージュ ディオール バーム ¥4500

NAIL:
ディオール ヴェルニ 849 ¥3000
以上、パルファン・クリスチャン・ディオール

「私だけ」のベストパレットを見つけて

サンク クルール クチュールは女性の美しさを引き立てる全13種。ナチュラルながらもシックなカラーが溢れるパレットで、ミックス&マッチを楽しんで。

879 ルージュ トラファルガー

サンク クルール クチュール 879 ルージュ トラファルガー

品のあるオシャレ顔をレッド×ブラウンで。

679 トライバル

サンク クルール クチュール 679 トライバル

温もりを感じさせるキュートなブラウン。

669 ソフト カシミア

サンク クルール クチュール 669 ソフト カシミア

赤みを引き算して凜とした強さを。

649 ヌード ドレス

サンク クルール クチュール 649 ヌード ドレス

ピンクブラウンで可愛らしさを手に入れて。

559 ポンチョ

サンク クルール クチュール 559 ポンチョ

オトナ顔をつくる落ち着いたブラウン。

539 グラン バル

サンク クルール クチュール 539 グラン バル

グラン バルゴールド×ブラウンで華やかさを演出したいときに。

フェミニンなブラウン、優しげなブラウン、凜々しいブラウンなど、様々なブラウンの表情を楽しんで!

サンク クルール クチュール 全13色(うち1色は店舗限定、全国のバックステージ ストゥーディオ・ブティック・ディオール公式オンライン ブティックのみで取り扱い)各¥7600/パルファン・クリスチャン・ディオール

※2013年~2020年1ヵ月実績比較

提供/パルファン・クリスチャン・ディオール
03・3239・0618
dior.com

撮影/堀越照雄(TRON)、ヤノコージ(STIJL) ヘアメイク/犬木愛(agee) スタイリング/西野メンコ モデル/桐谷美玲 取材・文・構成/鬼木朋子

Edited by VOCE編集部