1. 長く愛される持続性の女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

長く愛される持続性の女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

長く愛される持続性の女

長く長く愛されるためには、人を長く愛せる男を選ぶしかない。

いくらキレイでも、いくら色っぽくても、またいくら賢くても、それが長く愛される要素にはなりにくいこと、女なら誰でも知っている。瞬時に男の心をつかむ瞬発力のような魅力と、長く長く、しつこいくらいに長く愛される持久力のような魅力は、ハッキリと別ものであることもよくわかってる。単純に考えれば、長く長く愛される、言わば“ぜったいふられないタイプ”は、“人との距離の取り方がうまい人”。しつこくならず、でも冷たくならない、ちょうどいい距離を彼との間にいつも保ってる。基本的にそういう人は恋愛が自然と長く続いてしまうもの。

しかし、あんまりほど良い距離を保ちすぎると、相手が逆に安心して、浮気しちゃうなんてこともなくはない。距離感だけで愛情のテンションを高く保ち続けるのは無理なのだ。危なげなく愛され続ける人は、何かもっと違う、やはりひとつの引力みたいなものを持っている気がする。そこで思い出されるのは、私が知るある夫婦のケース。夫婦というのは、ひとまず一生一緒に生きていくと決めたわけだから、長く愛し愛されるのはある意味、承知の上。にもかかわらず、ご主人のほうが「自分はこの人がいないと生きていけない」なんて言う。そう言わせる妻って、一体どんな妻なのだろう。ご主人は自らその理由をこう語った。「ある時は友だちのようで、ある時は母親のよう、でもある時は妹のようにもなるが、時々“女”もちゃんと感じさせる人だから」と……。