連載 齋藤薫の美容自身stage2

長く愛される持続性の女

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

長く長く愛されるためには、人を長く愛せる男を選ぶしかない。

いくらキレイでも、いくら色っぽくても、またいくら賢くても、それが長く愛される要素にはなりにくいこと、女なら誰でも知っている。瞬時に男の心をつかむ瞬発力のような魅力と、長く長く、しつこいくらいに長く愛される持久力のような魅力は、ハッキリと別ものであることもよくわかってる。単純に考えれば、長く長く愛される、言わば“ぜったいふられないタイプ”は、“人との距離の取り方がうまい人”。しつこくならず、でも冷たくならない、ちょうどいい距離を彼との間にいつも保ってる。基本的にそういう人は恋愛が自然と長く続いてしまうもの。

しかし、あんまりほど良い距離を保ちすぎると、相手が逆に安心して、浮気しちゃうなんてこともなくはない。距離感だけで愛情のテンションを高く保ち続けるのは無理なのだ。危なげなく愛され続ける人は、何かもっと違う、やはりひとつの引力みたいなものを持っている気がする。そこで思い出されるのは、私が知るある夫婦のケース。夫婦というのは、ひとまず一生一緒に生きていくと決めたわけだから、長く愛し愛されるのはある意味、承知の上。にもかかわらず、ご主人のほうが「自分はこの人がいないと生きていけない」なんて言う。そう言わせる妻って、一体どんな妻なのだろう。ご主人は自らその理由をこう語った。「ある時は友だちのようで、ある時は母親のよう、でもある時は妹のようにもなるが、時々“女”もちゃんと感じさせる人だから」と……。

なるほど、そうなのかもしれない。男は女に対してはとても欲ばりで、自分にとっていろんな立場の女を求めてしまう。だからなかなかひとつところにとどまっていない習性が生まれてきてしまうのだが、それをひとりの女がすべて受け持ってしまうのだから、愛され続けて当然だ。たちまち愛される即効の魅力は、むしろとても一面的なわかりやすさが決め手となっていたけれど、長く愛されるためには、逆に多面性を持たなきゃいけない。おとなしいばかりでも、きついばかりでも、それだけでは持たない。相手をあきさせないのはもちろんだが、どんな状況に置かれても的確な対応ができる、女としてのキャパの広さがあってこそ、その時々で“有り難い存在”を印象づけられる。だから友だちであり、母親であり、妹でもあり、女である……そういう妻であれば、目に見える愛がずっと続いていくことになるのだ。

じゃあそういうふうに、ひとりでいろんな側面を持つにはどうしたらいいのか?もちろんそんなものは一朝一夕に備わるものじゃないが、そういう柔軟性を持つためには、できるだけいろんな人といろんな会話をし、いろんな関わりを持ち、いろんな経験を積んでおくべき。そんな時間はない、一刻も早く!!というなら、いろんな映画を観まくって、いろんな“人生”をシミュレーションする。そのくらいしか、方法はないのだ。でもあとひとつ、方法があるとすれば、それはむしろ“長く愛してくれる男”を選ぶこと……。いやこれは、長く長く愛されるために、絶対の決め手となるのかもしれない。女のほうがどんなに魅力的でも、どんなにたくさんの側面を持っていても、それを受けとめる男のほうの感性がなければまったく意味がない。つまり、妻と友だちとして関われる柔軟性や、妻を母親として感じられる素直さや、また妻を妹として見られる懐の深さ、そして妻をちゃんと“女”として見られる“男性”性、これがなければせっかくの“多面妻”も、ただの“にぎやかな奥さん”になってしまう、そういうこと。

男はおそらく、“女をたちまち愛する”のはとても得意なのだろう。その女をモノにしたいという気持ちと恋愛感情をごっちゃ混ぜにするから、即効の恋にはハマりやすい。しかし、ひとりの女を長く長く愛せるかどうかには、大きな個人差が出てきてしまう。本人は愛しているつもりでも、女の私たちが望むような愛情は持ちあわせていない、ましてや“長く長く愛する能力”を持っている男は、そう多くないのだ。定年間近の男たちが、妻がいないと生きていけない、なんて言うのは、男は年をとるほどに孤独になる性だから、さみしさや心細さからだと考えていい。そうではなくて、本当の意味でひとりの女を長く長く愛するにはやはりそれなりの感性が必要なのだ。他の女に心を奪われ、若い女に目を奪われてしまう男は単純に言って、感性よりも男性ホルモンが勝ってしまう男。

たぶん、ひとりの女を長く愛する才能は、当たり前の日常を自分なりの工夫と心の持ちようによって、幸せな日々にする、そういう能力に近いもの。毎日を退屈と思ってしまうのは簡単だが、そこを毎日の食事を充実させたり、部屋を美しく飾ったり、もっと言えば毎朝、花に水をあげることにも喜びを感じる、つまり自分なりの日常の楽しみ方を編み出したりする感性があればこそ、日々幸せを感じることができるはず。言いかえればそういう感性って、幸せはお金でも物でも買えないという価値観のもとに生まれる、生きるための感性なのだ。ハッキリ言って、そこは女も同じ。金持ちにならなきゃ、欲しいものが手に入らなきゃ、夫がエリートじゃなきゃ幸せは感じられないという女は、やっぱりひとりの男を長く長く愛する能力には欠けるのかもしれない。結婚してしまうと、そういう能力があるかどうかが見えにくくなる。でも、人を長く長く愛せる男と女は、結婚して年月を重ねるほど、パートナーをいとおしく思うようになる。そういう能力のある男をさがす、そして自分も同じ能力を持てたら、男と女は幸せにならない道理がないのである。

たちまち愛してくれる人は長く愛してくれる人か?

女の幸不幸は、結局のところ“男選び”の上手下手で決まる……ついついそう思ってしまうのも、男がそれぞれの体の中に持っている愛情の量は一人一人大きく異なり、愛し方にも激しい個人差があるから。女をたっぷり長く愛してくれる男を選べば、女はもう単純に幸せになれるわけだし、いくら好きな男と結婚できても、その彼が愛情の絶対量が足りない人だと、なかなか幸せを実感できないということになる。言うまでもないがその愛情量は、見ただけではわからない。スイカを買ってみて、当たりか外れか、カットしてみるまでわからないっていうのと同じ。だから女の運命はままならないのである。

そしてまた、何度恋愛してもどうしても愛情量の少ない男ばかり好きになってしまう因果なタイプの女もいるわけで、今回はそういう視点から、自分の男選びの基準をもう一度見直してみてほしいのだ。ちなみに、女をたちまち愛する男には要注意。そういう男の中には、いつも“たちまち愛”ばっかりを繰り返していて、長い愛は大の苦手な男がけっこう含まれているはずだから。いずれにしても“たちまち愛”の男には“長い愛”を期待しないこと。そこをきっちり見極めることが、まさに幸不幸の分岐点となるだろう。

結婚していいのは実際のお付き合いをスタートさせるまでにいちばん時間がかかった男と……そんな提案もあるくらいなのだから。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ