1. あなたの生きがいは何ですか?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

あなたの生きがいは何ですか?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

あなたの生きがいは何ですか?

"生きがい"を見つけると元気とオーラが一緒についてくる。

“生きがい”というと、もう人生の終盤を生きている60代70代がよりどころとするもの、というイメージがあるけれど、いつからそういう話になってしまったのだろう。“生きがい”は老後の友じゃない。考える人は子供の頃から考えている。自分は何のために生きているのか?さがしてる人は子供の頃からさがしてる。生きていて良かったと思える瞬間を。いや本当に、10代半ばで悩んだ人は悩んだはずなのだ、生きる意味が見当たらない・・・・・・なんて。でもそれは主に、受験勉強からの逃避という説も有力。大学に入ってしまえば、遊べるうちに遊んどかないと、と思うから、“生きがい”さがしも忘れて、若さを享受する。そしてそのうち“就職活動”なんかを始めれば、“生きがい”さがしなどを悠長にしているヒマはない。ところが、就職してから4~5年もたって、その仕事に慣れてくると、急に“生きがい”のないことが不安になるかもしれない。

しかし何より20代は恋愛をしてる。それ自体が生きがいに思える時でもある。恋愛はたぶん“生きがい”といちばん混同しやすいものなのだ。それだけに、恋が終わるととたんに気になり出す。失恋ついでに、自分はもう一生結婚できないかもしれない、などと悲観的になればなるほど、じゃあ私が生きていく目的は?と自らに問うようになる。まさに生きがいの迷い子。そして、少し前まではそこで思い切り仕事に傾いていく20代が多かった。仕事に“生きがい”を見つけていくほうが、むしろ自然だった。もっと言えば“何らかの成功”を手にすることが、“生きる目的”にもなっていたのだ。ところが今はと言えば、仕事に対する女性の意識が大きく変わり、仕事にそこまで思い入れを持たないのがトレンド。仕事に対する冷めた気持ちは人から人へと伝染していき気がつけば、仕事を生きがいにする若い女性は激減したのだった。

かと言って、他のことにたちまち生きがいが見つかるほど、今女たちを興奮させるモノはない。あらゆることが今まで既にやられてしまっていて、新鮮味のあることは何もないし、かと言って愛しい人を追っかけて韓国まで行っちゃったり、韓国語を習っちゃったり、ああいう種類のパワーを今の若い女性は備えていない。いやよく考えると、オバさま世代は、日本にはもう夢中になることがないと踏むと、即刻隣の国に生きがいを見つけちゃうくらい、フットワークの軽い世代で、言うなれば“生きがい世代”。生きがいを見つけるのが、とても上手な世代なのである。それに比べて若い層は生きがいづくりが苦手・・・・・・。というより今は、取りたてて“生きがい”など持たない“ただ日々を淡々と、楽しく生きていくことのほうが大切な時代なのかもしれない。つまりその生活が気に入っていれば、“生きがい”それ自体を意識しないものなのだ。