1. あなたの不幸は、何ですか?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

あなたの不幸は、何ですか?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

あなたの不幸は、何ですか?

20代30代の不幸は"仮の不幸"。なのにそこで諦めてしまうから本物の不幸になっていく。

人が一生のうちに得ることのできる“幸せ”の量は決まっている・・・・・・よくそう言われるが、これには異論もあるはずだ。恵まれている人は生涯を通じて恵まれ続け、不幸せなんてほとんど感じずに生涯を終える。不幸な人はなんとなくずっと不幸なまま生きていく、世の中まるっきり不公平だって、そう言い張る人もいると思うのだ。でも“幸不幸”というのは、ほとんど主観によるもの。つまり“恋愛経験もなく、だから失恋経験もないこと”は幸せと思えば幸せだし、不幸と思えば不幸。すべては本人の判断、本人の気持ちしだいだってこと。

そして、不幸とはすなわち“諦め”。すべてのネガティブな事柄は諦めた瞬間に不幸になる。つまり“モテないこと”はその時点ではまだ不幸なことでも何でもないが、私はどうせモテないからと、合コンを断った瞬間から不幸が始まる。確かに、家族の中で病気や事故などがいくつも続くと本物の不幸の正体を見てしまった気がして、恐怖を感じたりするものだが、もっと日常的な、あるいはもっと自分自身の能力に関することは、諦めが不幸を呼ぶと考えておくべき。もちろん人には諦めざるをえないことも、じつはたくさんある。たとえば、貧乏な家に生まれてしまったことは、自分ではどうしようもないこと。

でもその“貧乏”も永遠のものじゃない。親が年末宝くじを当てるかもしれないし、自分自身が成功して一転大金持ちになるかもしれない。どんな家に生まれたか?という宿命的不幸も、人の一生から見ればほんの一時的な不幸にすぎない。だからそれもやっぱり、諦めてはいけないのだ。いやその前に、人には2つの運命がある。諦めざるをえない、避けては通れない不動の運命と、自分でガンガン変えていける、切り開いていける変動の運命との2つを生きている。つまり“どんな家に生まれたか?”は避けて通れない不動の運命。ヤクザの親分の家に生まれてしまったら、当面はヤクザの家の子として生きていくわけだが、でも大人になって、ヤクザ稼業を継がずに外交官になろうとするのは、自らで切り開ける運命があることの、決定的な証。人には必ず、両方の運命がある。みんな必ず2つの運命を生きている。だから、2つを混同してはぜったいにいけないのだ。