1. 運命を信じたくなる話

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

運命を信じたくなる話

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

運命を信じたくなる話

心を研ぎすませて、毎日をていねいに生きていないと"運命"の気配を見逃し、聞き逃す。

「今のあなたの、いちばんの望みは何ですか?」いきなりそう聞かれたら、あなたは何と答えるだろう。あるアンケートでは、「運命の人に出会うこと」が1位になっていた。思うにこれは形を変えた結婚願望。“運命の人”とは、アッという間に結ばれてもおかしくないから、裏を返せば、もうムダな恋愛はしたくない、という気持ちの表れかもしれない。あるいはまた、自分の“男を見る目”はアテにならないから、いっそ運命に身をまかせてしまいたいと思うのか。いずれにしてもこれは“運命”という神秘的な力を借りて、努力せずに揺るぎない幸せを手にしてしまおうという、少々ちゃっかりした願望に他ならないのである。

でも“運命の人”や“運命的出会い”って本当に存在するのか?問題はそこである。そこで思い出されるのは、ある夫婦の話。妻のほうは、子供ひとりを連れての再婚、夫のほうは40代での初婚という、まだ結婚数年の俳優夫婦。これが確かに“運命”の存在を信じないわけにはいかないような、見事な結婚だったのだ。

一度目の結婚に失敗した女性のほうが、今度こそはと“運命の出会い”を望んだのは当然のことだが、そこでなぜか自分の名前にもまた子供の名前にも入っている一文字が、同じように名前についている人こそ“運命の人”と信じて生きてきたという。そういう思いこみこそが運命を呼びこむのか?しかも、その一字が名前に入っている人と知りあった時、言葉もほとんどかわさないうちから、「あ、この人だ」と信じて疑わず、5年もかかって結婚にこぎつけたというのだから、まさに執念。 “運命”を信じて前進するのみだったのだろう。それにしても、こういう人がよく残っていたなと不思議に思うほど、その母子にとって完ぺきな相手であったというから、それがまた“運命”の確信につながったのだろう。結婚後もその“運命の人”は、血のつながりのない子供を実の子供以上に可愛がり、仕事も絶好調。今はまさに非の打ちどころない幸せの中にいるというのである。