1. 神様を信じたくなる話

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

神様を信じたくなる話

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

神様を信じたくなる話

自分の身に何か悪いことが起きた時、それは神様による"浄化作用"?必ずそう疑ってみる

あるカップルの身に起きた、ウソみたいな本当の話をしよう。二人は、けっこう密度の濃い交際を3年ほど続けていた。そう遠くない将来、お互いこの人と結婚するんだと何となく決めてもいた。ところがある日、女のほうに彼女の親しい友だちが電話をしてきて、どうしても今日のうちに会いたいと言う。いったいどうしたの?と出かけていった女は、てっきりその女友だちに何か厄介なことが起きたのだろうと思うのだ。ところが女友だちは「あなたの彼、今日はどこにいるの?」と聞く。「今日から確か、香港かどっかに出張だと思う」。「それ、違うよ。驚かないでね、彼、新婚旅行でハワイに行ってるんだよ」。女は友だちがいったい何を言っているのか、まるで理解できずにちょっとキョトンとしている。

すると、女友だちはおもむろに話しはじめた。じつは昨夜食事に行った店の奥で結婚式の二次会をやっていて、その花婿のほうが彼女の恋人の彼だったのだ。さっそく以前会ったことのある彼の友だちを見つけて問いつめたら、相手は同じ会社の女性で、“デキちゃった結婚”ならぬ“デキちゃって騒がれちゃった結婚”だという。つまりちょっとした出来心で、会社の女の子に手を出したら、一回でデキちゃって、“おろして”とか“別れて”とか言うなら、会社にバラしてやると騒がれた。気持ちはまだ彼女のほうにあるし、あまりに急なことなので、彼女にはついぞ言えないまま今日に至ってしまったのじゃないかというのである。

そして彼は翌日からハワイへ新婚旅行。彼女には海外出張とウソを言って・・・・・・。しかしよりによって二次会の店に、彼女の親友が居合わせていたのだ・・・・・・それってあまりにも皮肉、彼女のほうにとってみれば、恐るべき暗示。早いうちにわかって“不幸中の幸い”と言うべきなのだろうが。これは実際に私の身のまわりで起きた出来事。誇張はひとつもない事実。つまり悪いことは本当にできない、という話をしたいのだが、結局のところ神さまがそういうめぐり合わせを作ったとしか思えない、何よりもそれを訴えたかったのだ。