1. 105%の女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

105%の女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

105%の女

105%……それは、やりすぎにならないギリギリ。でも人の心を動かせるギリギリ。

いわゆるミスコンや、新人女優のオーディションなどの審査風景には、独特なテンションの高さがある。候補者たちが横一線で並び「どうか私を選んで!」と自らをアピールするのだから、冷静に考えると、ものすごい場面。どうしたら隣の候補者よりキレイに見えるか、何をしたら前の候補者より目立てるか、そればかり考えながら、にっこりしているのだから、こんなにコワイ笑顔はない。

もちろん私たちは、こういうベタな戦いを制するのが、どんな女性なのかを見届けたいと思うのだけれど、審査過程を見ているうちに何かいたたまれなくなって、見るのをやめてしまったりする。それはひとえに、“力の入りすぎた人々”を見ている消耗感ゆえ。もちろんここ一番、力が入りすぎて当たりまえなのだけれど、今にも泣き出してしまいそうなほどの全力投球は、どこか痛々しい。見ているほうはなかなかしんどいのである。

で、こういう場面で目を惹くのが、じつは105%の女。ほとんどの候補者が、120%以上のパツパツの状態にある。そういう中では、適度に力を抜いているかに見えたほうが美しいのは当然。かといって、力を抜きすぎて100%に満たないというのもマズイ。いやこういう場面で、90%の力しか出さなかったら、むしろふてくされて見えるだろう。だから、100%を少しだけ上まわる105%。ちなみに、審査結果がやっぱり気になって、もう一度TVをつけてみたりすると、案の定150%の女はもちろん、120%の女も選ばれない。ちょうどよく力を出した印象の人が選ばれる、まさに105%くらいの。ミスコンなどの場合、だいたいどれを見ても、105%くらいの人が勝つようになっている。顔とかスタイルより、じつはそういうふうに力を抑えるセンス、そういう感性を審査しているのかと思えるくらい。