1. 49%の女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

49%の女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

49%の女

努力みたいなものは、一定量を超えないと無駄になる。合格ラインに1点足りなくても0になる。

あの人が結婚できるのに、なぜこの私が結婚できないの? “未婚の女”はしばしばそう首をかしげてる。明らかに自分のほうがイイ女だし、何より自分のほうが性格がいいのにと・・・・・・。もちろん、縁や運や宿命ってものも影響しているのだろう。けれど実際には、“結婚している女”はやっぱり結婚に対して100%の力をかけてきている。そう、するっと結婚していくかに見えて、じつはそれ相応の努力を積み重ね、結婚を掴み取ったという人は少なくないのだ。そして逆に“結婚してない女”は、その10分の1も努力していなかったりする。“私が結婚できないのはおかしい”と言っている人に限って、気がつけば、出会いもないのにただ待っているだけだったりするのだ。

自ら出会いの場に出かけていく。ちょっとしたきっかけを見逃さず、次につなげる。関わりを持った男性には、つとめてていねいに自分を売り込む・・・・・・やれることはいっぱいあるはず。でも確かにこういうことは、それなりの生きるパワーがないとやれない。すべては、その力の差ということだろうか。結局世の中、かけた手間や力の分だけの結果しか出ないということなのである。

だいたいが努力みたいなものは、中途半端にやってもあんまり意味がない。ある一定量を超えないと、すべて水の泡になっちゃうみたいな案外シビアなもの。言ってみれば、受験の時、“合格ライン”に達していなければ、0点も一緒。1点足りなくても、その1点はきわめて大きく、0と一緒。結婚みたいに白黒がハッキリつくことはもちろん、仕事のように、やって当たりまえのことにも、やっぱり“合格ライン”ってものがあるのだ。

そこで、ひとつの線引きをするとすれば、過半数にいくかいかないか。つまり50%を超えれば、ひとまずやったことが多少なりとも実を結ぶが、49%では何にもならない。一応やってるのに、何も結果が出ないという人は、多くが“49%の女”なんではないだろうか。これまでの自分をふり返ってみて、学校でもあまりパッとしなかったし、受験もうまくはいかなかったし、社会に出てからもイマひとつ・・・・・・そういう人は、おそらく49%の女。何をやるにも、最大49%の力しか出していない。だからその力も四捨五入されて、多くの場合、無駄になる、そういう深みにハマっている人・・・・・・。

ただこういう人の不幸は、自分がいつも最大49%しか力を出していないのに気づいていないこと。けっこう一生懸命やっているつもりでいること。こんな人がいた。これまで何度かの転職を繰り返して、30歳。どの会社も自分には合わないと感じて、辞めた。もちろん仕事はきちんとこなしていた。でもそれに見合う評価をされないことへの不満がたまるから、2年くらいたつと、もういいや、ここにいても仕方がないと思うようになる。転職を繰り返す人には、ありがちなパターン。