1. 日本の女主導"新・国際恋愛"のすすめ

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

日本の女主導"新・国際恋愛"のすすめ

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

日本の女主導

人は、容貌が似ているだけで運命的なものを感じる。だから純愛に落ちやすい。

そうか、こういう恋愛があったのか? 思わずポンとヒザを打ってしまったのは、経済力もある日本女性が、韓国で一人、ベトナムで一人・・・・・・というふうに、アジアの国国に若いボーイフレンドを複数もっているという話を耳にした時。当たりまえに考えてしまうと、いくら国が違うとはいえ、二股三股をかけてるって、どうなの?となるけど、特定の一人との関係がヘビーになれば、当然“移住”などを考えたりしてしまう。そこをそれぞれ軽い関係にとどめておけば、逆に男にふりまわされず、自分のペースをしっかり守りつつ、女性主導の恋も旅行気分でできて心地いいのかも。

いやもちろんここで、複数の恋人をもちましょうという提案をしたいのではない。“外国で恋をする”っていう発想、しかもアジアの国に行って恋をする・・・・・・それがとても新鮮に思えたのだ。これまでだって“外国人”が好きな日本女性はいっぱいいて、向こうに行って恋をしてた。ただその“外国”は主に欧米。同じアジアは盲点になっていた気がする。そこをアジアの男限定で恋をするというスタイルが、とても新鮮に思えたのである。でもなぜ、アジア?

そもそも、日本の女がなぜこれほどまでに韓国の俳優にハマってしまったのか、本気で考えたことあるだろうか?まず“冬ソナ”というドラマと、“ヨン様”がセットで存在しなかったら、もともと韓流ブームなどには火がつかなかったのかもしれない。つまり、私たち日本の女が“純愛”的なものに飢えていたのは確かなのだが、それ以上に大きかったのは、やっぱりヨン様の顔・・・・・・。日本人と韓国人って、本当によく似てる。ところが、ほとんど同じ顔をしているのに、話すのはきわめて遠い言葉。じつはそこが大きなポイントなのだ。同じ言語をもたない者同士は、その会話がいくら正確に訳されたとしても、言葉に宿るビミョーな抑揚はまったく伝わらず、すると“人間性”もほとんど見えてこない。英語ならまだしも、なじみのない韓国語ではなおさら何も伝わってこないのだ。