1. 会話主体"同窓会合コン"のすすめ

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

会話主体"同窓会合コン"のすすめ

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

会話主体

同窓会は女を少女の心にもどす。素直にして、穏やかにして……だから"純愛"に落ちやすい

出会いがない・・・・・・相変わらず、そういう“ぼやき”が聞こえる。しかし合コンというシステムがなかった時代に比べたら、そして“逆ナンパ”なんてありえなかった時代に比べたら、おそらく何十倍も出会いのチャンスは広がっている。自分で作ればいいじゃない?イザとなりゃ、有料のお見合いパーティーに行けばいいのだし。でもたぶん、そういう作られた出会いではロクな男に出会えない・・・・・・って、今どきの女はみんな頭のどこかでは思っていて、だから無駄な努力はしたくないのかもしれない。

そう、問題はそこなのだ。今の世の中、簡単に出会える男にはロクな男がいない、その辺にはもうロクな男が残っていないと、どこかで決めてしまっていることが問題なのだ。おそらくは今、男の人を“よく知っている気になってしまいやすい時代”なのだろう。大して知らなくても、知っている錯覚に陥りやすい時代・・・・・・。まず、男や恋や人生に関する情報はいっぱい、その上で、合コンなどで軽く出会い、軽く会話し、軽い関わり方の中で、軽い判断をしてしまう。お決まりの軽い会話しかないのに、それで5人中5人がダメだと、世の中の男みんなダメ、みたいに軽く決めつけてしまいやすい、そういうこと。視野が広いようで、じつはとても狭いのだ。

だからおすすめしたいのが、同窓会合コン。小学校でも中学校でも、また高校でも大学でも予備校でもいい。ともかくかつての同級生の男と会う・・・・・・それは、一度こわれた異性への夢を、再びたて直すチャンスのような気がしてならないのだ。単純に“元同級生”との再会は、そこに流れる空気からして合コンとはまったく違うものであるはずなのだ。まず、“同窓会合コン”は、3対3の合コンスタイルであったとしても、お互いを値踏みしたり、駆け引きしたりするような計算がなく、かと言って、自分を高く売りこもうとするような打算もない。代わりにあるのは、郷愁からくるちょっと胸がキュンとするような感慨と、お互いの昔を知っている気恥ずかしさ。だから女は“合コン”の場にいる自分より、ずっと可愛らしく素敵でいられる。