連載 齋藤薫の美容自身stage2

だから”そそる女”VS.”したたる女”

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

上品も知性も何もギセイにせずに男をそそる方法は、”したたる”以外になし。

男と女はつねに天秤の両端にいて、お互いバランスをとっている。男がより男っぽく強くなるほど、女はより女らしくたおやかになり、女がちゃんとキレイであれば、男も逞しくなる・・・・・・それは神さまが決めたバランスで、男と女はある種の補完関係にあるのは確かなのである。もっと言えば、男と女は“需要と供給”をお互いに司る、見事な関係でもあるわけだ。

だから、男が男らしくなくなった・・・・・のも、元はと言えば、女が女らしくなくなっちゃった・・・・・・・・ことに原因があるとも言えるし、女が強気になっちゃったのも、元はと言えば男がふがいないのが原因・・・・・・そういうふうに、男は女がつくり、女は男がつくっていると言ってもいいのである。しかし今、この神さまがつくった究極のバランスに、ちょっとした異変が起きている。先にも述べたように、今まさに、男たちからどんどん男っぽさが抜けていっている。だとすれば、バランスをとるために、女も必然的に“女っぽさ”を減らしていくはずだ。男も女も中性化していく計算になってしまう。・・・・・・のはずが、女たちは今それとはまったく逆の方向に向かって走り出しているのだ。つまり、過去の歴史にはなかったほど、“女”をムンムンと匂わせ始めているのだ。

単純に今、日本の女の肌の露出量は過去最大級のものになっている。極端な話、渋谷界隈では、上も下も、どこもかしこもギリギリまで見せてしまおうという勢いになっている。渋谷でいくら露出度が最大になっても、私たちには関係ないと思っている大人たちも、じつは知らず知らず影響を受けていて、今年はもっと出しちゃってもいいかなという気になっていたりするもの。肌の露出は、おそらく単純に伝染するのである。“胸の谷間”ひとつ取ってみてもそう。誰からともなく“谷間”を見せ始めたら、いつの間にか世の中のブラがどれも谷間をきれいにつくるしくみになっていた。まさしく、みんなで見せればコワくないという種類のものなのだ、肌の露出って。

かくして生まれたのが、“そそる女”。ただ見せるだけじゃなく、ファッションそのものがもう男をそそるようなつくりになっていて、全身から“エロガンス”の香りを放つ女たち・・・・・・。もちろんそこにはちゃんと明快な需要があって、“そそる女”が大好きで、自らも負けじとフェロモンを放っている男は存在する。しかしそういう男の年齢層は高く、20代30代では少数派。じゃあ“そそる女”はなぜそんなに増えるのか?

これは若い男の性的テンションが軒並み低くなっていっていることへの、“ショック療法”的なアピールじゃないかと思うのだ。つまり、今の男たちはすっかり中性化していて、ちょっとやそっとの“女”を出しても、何の反応も見せない。だから女たちは、これでもダメ? これでもまだダメ?と、どんどん露出量を増やしていって今に至ってしまったのだ。もし彼らの性的テンションがもっとずっと高ければ、今のような露出でオフィスに行くこと自体が、危険行為になるだろう。でも今、ギリギリまで出てしまっても、男たちは涼しい顔をしている・・・・・・それもひとつの“需要と供給”のベストバランスなのかもしれない。

いずれにせよ今のまま、男たちが性的欲望を低下させていくのは、確かにマズイ。今の地球には、本当にいろんな異変が起きているが、これも確かに早いうち歯止めをかけなければいけない問題。でもここらで、ちょっと考えてみてほしい。本当に今のような露出を売りとする“そそる技”だけに走っちゃっていいのだろうか? 本当に方向性は間違っていないのだろうか?そこで注目してほしいのが、“したたる女”。たとえば誰?と言うならやっぱり小雪さん、菅野美穂さん。あるいはチェ・ジウ? 何を言いたいかわかったはず。この人たちみんな、水が目に見える。チャポチャポと水の音がするかのように、水がしたたり落ちそうなしとしとの美しさをもった人たちなのだ。

現実に小雪さんは、忙しくて睡眠時間がとれない時など、眠るか、お風呂に入るかなら、お風呂をとるというほど、お風呂が好きなのだそうである。ともかく水がないとダメとも語っている。それが見た目にハッキリ現れ出ているのである。“水もしたたるイイ女”という古い言葉があるように、大昔から“イイ女”は水がしたたっていた。そして大昔から、男は水のしたたった女の虜となるのである。“そそる女”が肌の露出で男をそそるのだとすれば、“したたる女”は、言ってみれば五感のすべてに水を感じさせ、うっとりさせることで男心を惹き込んでいく・・・・・・。さあ、あなたはどちらを選ぶのだろう。

もっと言えば、“したたる女”はありがちな“セクシー”要素を何ひとつ使わずに、男をそそることができるわけで、当然のことながら、上品かつ知的。男をそそるためにギセイにしがちな気品や知性を何ひとつキズつけずに、男をそそれるのだから、こんなに効率のよい、頭のいい方法はないはずなのだ。そして今、気がつけばこの“したたる系の女”が、とても増えている。ピラティスとかヨガのインストラクターは、言ってみればだいたいこの“したたる系”。体の中をサラサラと清らかな水が流れている、そういう美しさをつくり出すエクササイズをなりわいとしているのだから当然だけど。

そしてまた、オーガニック系のカフェのスタッフとか、心地よい空間を提案するインテリアショップのスタッフとか、いろんな分野で、したたる美人が台頭してきているのだ。言うまでもなく、この人たちはメイクも薄く、髪も黒い。服もシンプルで、飾りっ気がないが、でも水がしたたっているサマは、強力なインパクトとなり、ゴージャスなそそる系にも負けないオーラを放っている。女が宿す水は、メイクにも髪型にも服にも頼らない、圧倒的にピュアな美しさをもたらすのである。

同じようにモテる女を張るのでも、存在の美しさで地球の引力みたいに人を惹きつけることができたら理想的。小雪さんがもし、無類のお風呂好きによって水をしたたらせているのなら、私たちだっていくらでもお風呂好きになろうじゃない?男たちをもう一度男にするためなら、いくらでもお風呂につかろうじゃない?

“水もしたたる女”はなぜ“イイ女”?

“水もしたたるイイ女”は、言うまでもなく、みずみずしさがあふれ出そうな女の美しさを示した言葉だが、でもなぜ、水がしたたると女は美しく見えるのだろう。ひとつに、紀元前の昔から“水を浴びること”が体ばかりではなく心を清める意味を持ち、また心身ともに清らかであることが、崇高な美しさを意味したことと無関係ではないし、“洗礼”の時に、頭から水をかける儀式とも、何やら関係がありそうだ。

さらに、女の魅力がさまざまな“濡れ感”に宿るのは、もっともっと遠い昔、命の起源が海の中にあったからではないかという説も。お母さんのおなかの中で羊水の中にいたことも、きっと無関係じゃない。しっとりみずみずしい肌は、理屈ぬきの女性美の条件。でも、お風呂あがりの濡れた髪も、“濡れた唇”も、“うるんだ目”も、そして鼻にかかったような声の濡れ感も、すべて女性美の条件にあげられるもの。ともかく女は“人魚姫”みたいに、たった今まで水の中にいたかのように、全身がしとしと濡れていてこそ美しいということなのである。

そして、かつてないほど“したたる女”が美しく見えるのも、人間がベタベタと飾りつけるのをやめ、本当の意味の原点回帰から、普遍的な美しさを見つけたいと思っている現れ。新しい美意識の発現なのではないかと思う。だから何としても今、女はしたたるべきなのだ。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ