1. だから"そそる女"VS."したたる女"

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

だから"そそる女"VS."したたる女"

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

だから

上品も知性も何もギセイにせずに男をそそる方法は、"したたる"以外になし。

男と女はつねに天秤の両端にいて、お互いバランスをとっている。男がより男っぽく強くなるほど、女はより女らしくたおやかになり、女がちゃんとキレイであれば、男も逞しくなる・・・・・・それは神さまが決めたバランスで、男と女はある種の補完関係にあるのは確かなのである。もっと言えば、男と女は“需要と供給”をお互いに司る、見事な関係でもあるわけだ。

だから、男が男らしくなくなった・・・・・のも、元はと言えば、女が女らしくなくなっちゃった・・・・・・・・ことに原因があるとも言えるし、女が強気になっちゃったのも、元はと言えば男がふがいないのが原因・・・・・・そういうふうに、男は女がつくり、女は男がつくっていると言ってもいいのである。しかし今、この神さまがつくった究極のバランスに、ちょっとした異変が起きている。先にも述べたように、今まさに、男たちからどんどん男っぽさが抜けていっている。だとすれば、バランスをとるために、女も必然的に“女っぽさ”を減らしていくはずだ。男も女も中性化していく計算になってしまう。・・・・・・のはずが、女たちは今それとはまったく逆の方向に向かって走り出しているのだ。つまり、過去の歴史にはなかったほど、“女”をムンムンと匂わせ始めているのだ。

単純に今、日本の女の肌の露出量は過去最大級のものになっている。極端な話、渋谷界隈では、上も下も、どこもかしこもギリギリまで見せてしまおうという勢いになっている。渋谷でいくら露出度が最大になっても、私たちには関係ないと思っている大人たちも、じつは知らず知らず影響を受けていて、今年はもっと出しちゃってもいいかなという気になっていたりするもの。肌の露出は、おそらく単純に伝染するのである。“胸の谷間”ひとつ取ってみてもそう。誰からともなく“谷間”を見せ始めたら、いつの間にか世の中のブラがどれも谷間をきれいにつくるしくみになっていた。まさしく、みんなで見せればコワくないという種類のものなのだ、肌の露出って。

かくして生まれたのが、“そそる女”。ただ見せるだけじゃなく、ファッションそのものがもう男をそそるようなつくりになっていて、全身から“エロガンス”の香りを放つ女たち・・・・・・。もちろんそこにはちゃんと明快な需要があって、“そそる女”が大好きで、自らも負けじとフェロモンを放っている男は存在する。しかしそういう男の年齢層は高く、20代30代では少数派。じゃあ“そそる女”はなぜそんなに増えるのか?