連載 齋藤薫の美容自身stage2

ブスもうつる

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

ひとつの場所にこもっていると、ブスが感染、増殖しやすい。だからまず視野を広げること。

キレイがうつる大前提に、“女の向上心”というのがある。誰だって、わざわざ後退していきたくはない。わざわざ汚くなりたくはない。みんなキレイになりたいという向上心を持っているから、キレイはごくごく自然にうつっていくのである。

とすれば、ブスはうつらないことになる。女なら誰でも持っている向上心が、ブスのウイルスを容易には体に入れない“抗体”となってくれるから。それどころか、「私はああはならないわ」という“反面鑑”となるはずで、そばに悪い見本がいるほうがキレイは保てるとも考えられる。

でも現実はと言えば、ブスもちゃんとうつってしまう。意外なほど、感染力は強いのだ。それこそ、ちゃんとバリアを張っておかないと。そうなる理由のひとつに、“安泰”がある。キレイはある意味“比較”で決まる。A子はB子ほどキレイじゃないとしよう。でも、C子よりキレイだったりすると、A子はC子と二人でいる限り、“キレイな子のほう”でいられる。そういうのって女にとってはけっこうな“安泰”感になるのである。でも“基準”を低く見つもっているから、ふと気を抜くと、たちまちキレイが逃げていく。しかもそれに気づかない。知らないうちに、二人一緒にズルズルとすべり落ちていったりして。

もうひとつは、相手に“故意”に足を引っ張られる場合。女同士の“仲良し”は、妙な友情の証で、お互い持っているものを平均化しようという性質がある。たとえば仲良し3人組の中で、ひとりだけ際立ってキレイだったような時、他の2人が「ひとりだけキレイでズルイ」と何かにつけてヤユしていたとしよう。冗談めかしても、根っこにはやっぱり嫉妬がある。だから付き合いが長くなるほどに、美人は自分のキレイだけが目立たないよう、際立たないよう、意識してセーブするようになるのだろう。そう、女友だちの間にしばしば生まれてしまう「私たち、仲良くブスでいましょうね」という奇妙な協定、これが暗黙のうちに結ばれると、本当にブスは毎日空気感染していくくらいのパワーを持つのである。

これがエスカレートして、悪意が入ってくると、“内館牧子さん作品”の世界みたいに自分自身を卑しめてまで、相手のキレイを減らそうという女も現れるのだろう。美人がよけい美人に見える着映えする服を着ていると、「それあんまり似合ってないよ」なんて言ってしまう。こういう時、美人って意外にのんびりしていて、そうなのかななんて、真に受ける。かくして、どこからともなくキレイが壊れていくのである。でも、こういうふうに目に見える感染や、意図的にうつされるブスはまだいい。もっと目に見えないブスが、うつすほうにもうつされるほうにも、まったく自覚なしに伝わっていく、それがコワイのだ。“目に見えないブス”とは、言葉づかいや態度や仕草のブス。人から人へ、まず言葉は何より感染しやすい。しかも、まっとうな言葉づかいより、良くも悪くも特殊な言葉づかいのほうが感染力が強いのだ。

たとえば関東の人間が関西に行くと、3日もしないうちに関西弁がうつっていたりする。イントネーションや“決まり文句”はアッという間にうつっていく。同じオフィス、同じクラスでは、女性たちがみんな同じ言いまわしをするものだが、男同士より、女同士のほうが言葉の感染力が強いのは、おしゃべりの量も多いうえに、言葉でモノを考える女脳のせい。だから、「ざけんじゃねーよ」みたいな言葉を誰かが冗談で言っていたら、一見おとなしめの女たちにまでそれがいつの間にかうつっていく可能性も、ないとは言えないのだ。“上品ていねいな言葉”ももちろんうつるが、それは向上心も手伝ってのこと。汚い言葉は知らぬ間にのりうつっていて、不意に出てくるからコワイのだ。

そして言葉同様、表情や態度もすぐうつる。いずれも言葉と一緒でコミュニケーションのひとつ、相手がふてくされていれば、こっちも“なにさ!”でふてくされる、いつの間にかふてくされ顔が当たりまえになっていく。それってつまり、みんなで仲良くブスになっているってこと。いやそれ以前に汚い言葉が体の中に入ると、今度は体内感染して、声はもちろん、顔の表情や態度まで蝕んでいきやすい。大げさではなく、言葉づかいが人間をつくっている部分もあるわけで、言葉の段階で感染に気づかないといけないのだ。幸い、言葉ブスの感染は気づくだけで止められる。ちょっと注意するだけでいいのである。

ちなみにそういう感染を防ぐ方法は、気づくことの他にもうひとつ、視野を広げること。オフィスなど、とりあえず毎日身を置く環境にしか、自分の世界がないような生活をしていると、本当にいろんな感染に気づかない。もうひとつふたつ、違う世界を持つこと。別の人間関係を持って、いろんな種類の人間と広く関わること。そして毒される自分を“中和”すること。ひとつのところに閉じこもっていると、ウイルスも増殖しやすい。だから新鮮な外の空気を毎日ちゃんと吸って、適度に体を動かすことが大事なのである。ブスがうつる最大の原因、それは自分からはすすんで自分を磨かない人の“横着”と“無気力”なのかもしれない。

仲の悪いオフィスは、ブスがうつりやすい?

「生理の時って、ブスがうつりやすいよね」と言った人がいた。そう、ブスのうつりやすさは、環境によっても異なるし、日によっても違ってくる。たぶん、体調によっても変わってくるものなのだ。ひとつだけ確かなのは、イライラしていると、とてもよくブスが感染すること。言いかえれば、イライラ自体が女から女へ感染し、空気全体をピリピリさせ、言わばその空気が言葉ブスや表情ブスを伝達させやすくする。従ってスタッフ同士仲の悪いオフィスは、よけいにお互いのブスが感染しやすいのである。

そこで、こういう場面でこそ冷静になって、周囲のイライラを体の中にはぜったい入れない心がまえが必要。知っていればできるはずなのだ。そうすればブスの感染をしっかり防げるだけじゃなく、みんながイライラするほどに、ひとりだけ逆にキレイを際立たせていける。ブスは感染しやすい一方で、逆に意識の持ち方しだいで、“反動のキレイ”を得ることができる。ああいうふうに私はならない。そういう反発力って、逆に空気がよどんでいる時ほど、湧きあがるものなのだ。

イライラな負の空気にのみこまれずに、心静かに自分の仕事をこなす集中力を持てると、ひとりだけキレイになれる、そういう“反動のキレイ”があることだけは、キレイの不思議なメカニズムとしてちゃんと覚えておくべきである。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ