1. 教養のある女、ない女の分かれ道

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

教養のある女、ない女の分かれ道

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

教養のある女、ない女の分かれ道

場合によっては知っていることもあえて黙っていられる、それを"女の教養"と呼ぶ。

まず、男はなんだか知らないが、“制服を着た女”が好きである。だから以前の渋谷は、学校にはあんまり行かないのに、休日までウルトラミニの制服を着ている女子であふれ、日本の“女子高生ファッション”は、世界的にも有名になったりした。しかしながらあの不思議なファッショントレンドは、男がなぜ“女の制服”を好きなのかということを、正確には理解していない気がする。ひとつに、同じ女子高生の制服でも、彼らがより好きなのは、やっぱり“お嬢さま学校”と目される名門女子高のそれで、もともと遊びほうけている学校の制服にはあんまり関心がない。

同様に、大人の制服の中でも男たちがいちばん好きなのはやっぱりフライトアテンダントの麗うるわしき制服姿で、それも彼らが単に“制服”を好きなのではなく、お嬢さまな世界が好きなのだろうことを物語る。制服=お嬢さま、なんである。お嬢さまな世界は、言うまでもなく規律が厳しい。お勉強もたくさんしなけりゃならない。だから当然、どこかストイックでスレていない“教養ある女”がそこでできあがるわけで、男のお嬢さま好きは、ちょっと意外だけれど“教養”的なものへの憧れとも言えるのだ。そういう高そうな女を落とすこと、そこに男の“征服欲”というものが生じるのである。つまり男たちは、東大出の教養にはさすがに引いてしまうけれど、“名門お嬢さま学校”で学んできたような“教養”は、美しさのうちと考えるのである。

そう、男は意外にも、“教養ある女”が好き。ただし、その“教養”って、私たちが日頃口にしている日本語の“教養”とは、少し違うもののような気がする。その証拠に、“教養”を英語に訳すと、“education”にもなる一方、“culture”にもなる。え?そうなの?と意外に思うだろう。日本語で言う“教養”はカルチャーとはあまり結びつかない、むしろクイズで高得点を取るような目に見える知識を指すことが多いからだ。でももっと言うなら、日本の“教養”も広辞苑を引くとちゃんとこう書いてある。「単なる多識とは異なり、一定の文化理想を体得し、それによって個人が身につけた創造的な理解力」。いやその意味を理解するのにまず教養が必要だが、ともかく“教養ある女”とは、単なる“頭でっかちな知識いっぱいの女”を指すのではないことだけは確か。