1. 薄っぺらい女と、奥ゆきある女の分かれ道

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

薄っぺらい女と、奥ゆきある女の分かれ道

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

薄っぺらい女と、奥ゆきある女の分かれ道

結果として、心が満たされた幸せな女ほど"奥ゆきある女"に見える。

「休みの時は何をしているか?」という話題になった時、いきなり「日サロ」と答えた大手企業勤務の男がいた。実際、いつも真っ黒な男にとってそれはひとつの常識なのかもしれないが、せめてもう少しカッコつけてほしかった。男として何かもう少しプライドを持ってほしかった。そこにいる女性全員が、一斉に思ったはずなのだ。「なんて薄っぺらいの」って。

また会社を辞めようかと思っているという男がいて、「次はどんな仕事を?」と聞くと、家がマンション経営をやっていて、それを継ぐことになったからって言うのだが、その男はまだ30代半ば。早くもこれからはずっと遊んで暮らせるよという意味?うらやましさも手伝って、何と薄っぺらいの?と思ったもの。女は男に対し、本当に年がら年中“薄っぺらい”って思っている。世の中に“薄っぺらい男”はなんと多いことかと思っている。もっと言えば、女より男のほうが、平均的に人間が薄いのじゃないかって思ったりするくらい。いや、たぶん女は男に、できるだけ奥ゆきある存在でいてほしいと切望しているからこそ、しょっちゅう期待を裏切られるのだろうが、私たち女が見た“女の薄さ”は、だから男の薄さとは微妙に異なっている。