1. 売れっ子の時代

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

売れっ子の時代

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

売れっ子の時代

売れっ子しか売れない…… それは偏差値とは別の"頭のよさ"がいよいよモノを言う時代だから

ニュース系の番組をハシゴすると、コメンテーターの顔ぶれはどの局もだいたい一緒だったりする。どこを見てもテリー伊藤、どこを見てもデーブ・スペクター、どこを見ても“高木美保”という具合。いや司会者にさえ、同じような集中は起きていて、朝から晩まで“みのもんた”という日が本当にあるらしい。そしてコメンテーターは、一般のタレントのように人気に浮き沈みがないから、寿命も長く、視聴者は何年も同じ顔を見続けることになる。でも、それが不快なのか、というとそうじゃない。いつもと同じ顔を見つけると、ザッピングがそこで止まったりするほど、むしろ安心して見てしまうケースのほうが多かったりする。TV局のほうも視聴率競争を生き抜きたいから、新鮮味や番組のオリジナリティなどそっちのけで、他にもいっぱい出ている“安心な人”を出してしまう。リスクを背負うことをしないのだ。

でもこういう状況を、“視聴率”の話だけで終わらせてしまうのは逆に間違いで、むしろ今ますます顕著になっている“勝ち組”だけが勝ってしまうしくみを、そこになぞってみるべきなのだ。女子アナの世界でも、一人ちょっと際立ってきたかなっと思うと、たちまち何でもかんでもその一人に仕事が集中している。そのカゲで社内失業しているアナもいるわけで、“会社員”にしてはあまりに過酷なサバイバルレース。どの世界も今やそういう勝ち負けが容赦なく表面化してしまう時代。それも、勝てる人しかどうしても勝てないし、受ける人しかやっぱり受けない。そこに“例外”はないし“曖昧”はないし、“間違い”もない。揺るぎない基準がそこにできてしまったからなのだ。