1. 売れない女はなぜ売れぬ?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

売れない女はなぜ売れぬ?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

売れない女はなぜ売れぬ?

社会で売れっ子になる条件は人気のお寿司屋さんと一緒。いろんな意味での回転である。

ブランドものも今、勝ち組・負け組がよりハッキリしてきているし、化粧品も売れるブランド・売れないブランドがかっちりと分けられるようになってきた。そして今、売れるものはもっと売れ、売れないものはますます売れない、そういう時代。CDも映画も本も、みんな人気ベスト10を何より信頼できる情報として受けとめるからで、さらに言うなら、人気のお寿司屋さんはネタがつねに新しく、客の少ないお寿司屋さんは必然的にネタがつねに古くなるから、もっと差がついていくように、世の中ますます売れるものしか売れないしくみになっているのだ。

人も一緒。“大人の女優”でいちばんの“売れっ子”黒木瞳、この人の売れ方も、ヴィトンやシャネルと一緒、よく売れるからもっともっと売れるというふうに、人気がどんどん加算されていっている。いや今まで、人間だけは“飽きられる宿命”にあり、ブレイクすればするほど落ちるのも早いと言われたが、この人は例外的に売れ続けている。じゃあ、この人から見えてくる“不動人気”の秘密とは何なのか?まず、ビジュアルがつねに新陳代謝していて、まったく衰えないのはもちろん、髪型や全体の印象などを時代に合わせて微妙に変化させ続けていること。“何かあの人、最近ちょっと変”とか“少し老けたんじゃない?”と、一度でも思われたらそこでもう人々の気持ちが離れていくのが人気商売。だから一瞬たりとも息を抜けない。何だかんだ言っても、“努力”がモノを言っているのだ。そう見せない、見えないだけよけいに努力をつみ重ねているのである。