1. 同窓会にこない女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

同窓会にこない女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

同窓会にこない女

同窓会の通知が来ると、突然自分が見える。今の自分は正しいかどうか。

中学校時代の同窓会の通知が届いたとしよう。その時あなたは、ウワー楽しみと、万障繰り合わせてしまうのか、それともちょっとだけ憂うつになって、出欠の返事を一日のばしにするのか、はたまたハナから行かない、いや行けない……と思うのか、一体どれだろう。今回はそういうふうに、同窓会の“出欠”に女の悲喜こもごもが表れる、という話をしよう。まず、何の迷いもなく“出席”に○をつけ、何をおいても同窓会を優先する女には、大きく2種類ある。まずは純粋にみんなと会いたいと思ってる、うらやましいくらいシンプルで元気な人。もちろんこのタイプはこのタイプで、昔からそういうキャラを張ってきて、今さら暗い顔はできないから、けっこうしんどいという現実もなくはないらしいが、ともかく同窓会でも相変わらずみんなのつなぎ役。こういう人格はひとりいると有り難い。

もう一方は、自分をみんなに見せたい人。昔の自分は今ひとつ冴えなかったかもしれないけど、今の自分には自信がある。すみからすみまでよく磨きこんだ自分のキレイを見てほしいという、美容成功者……。そして一方、医者、弁護士、若いのに起業していたりという、一応の成功者はやっぱり栄光を手に入れた自分を、この場を借りて披露したいと思うのかもしれない。でもそこで勝ち誇ったような態度をしなければ、それ自体は“驕り”にはあたらない。今まで生きてきた成果を恩師に見せるためにも、同窓会はあるのだろうから。今の自分は頑張ったかどうかの記録。従って同窓会の通知をもらったら、無条件にうれしくなるべきなのだ。ちゃんとやってきた証として……。