1. "同窓美容"のための再会美容

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"同窓美容"のための再会美容

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

キレイもブスも増幅して見える 同窓会では、目立つことより、"小ギレイ"の印象がキモ。

今同窓会ばやりだという。同窓会を開くためのマニュアルまで出版されているというほど。不思議なもので、学生時代の友だちとは、何十年のブランクがあっても、出会って30秒ぐらいでもう元の関係に戻れてしまう。だから自分にはこんなに心の通う友だちがたくさんいたんだと再確認することで、ちょっと冷えた心をあたためる……それが同窓会ブームの火種となったのだろう。みんなけっこう淋しいのかもしれない。

そして、合コンじゃなかなか見つからない新しい恋が、同窓会では思いがけなく見つかったりすることもまた一因。昔は何とも思っていなかった男子と女子が、大人になって“再会”した時、まったく予想外の恋心をお互いに抱いてしまったりするのは、まさしく同窓会の妙……。恋愛ひでりの男女ですらあっけなく恋ができてしまう。それは紛れもなく、同窓会に住む魔物のせいなのだ。ある意味で、同窓生同士は“素性”がハッキリ知れている。中学生以上の同窓なら、もうざっくりとした人間性も承知している。そして自分のこともある程度、理解されていると考える。そういう安心感だけでも、じつは恋愛感情のスイッチをONにするきっかけにはなるはずなのだ。

男と女の間でいちばんのカベとなるのが、じつはいろんな種類の警戒心。その警戒心がないのに、“照れ”だけがある……そこに恋はあっけなく芽生えるのである。その“照れ”とは、言うまでもなく“郷愁”。過去をなつかしむ“切なさ”。いわゆる“胸キュン”。だから、そのなつかしさとほのかな恋心の芽生えを人は一緒くたにしてしまいがちなのだ。しかし、あらゆる恋愛は“幻想”から生まれる。それになつかしさとの混同は、決して間違った幻想ではないはずだ。少なくとも合コンでピンとくるその直感より“錯覚”は少ないはずなのである。