1. "同窓美容"のための再会美容

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"同窓美容"のための再会美容

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。


高校の時の同窓会で、じつに15年ぶりの“再会”を果たした男性と、わずか半年で結婚した人がいる。15年前はそれぞれ別の人に“片思い”していたというし、その彼を異性として意識したことは一度もなかった。彼のほうもたぶんそう。でも、ちょっと不思議なことがひとつ……。高校時代の学園祭や修学旅行で撮られたスナップ写真には、その彼が一緒に写っているものがなぜかやたらに目立つ。偶然、写真のすみっこに写ってしまったのも含め、本当に何枚も何枚も彼……。だから、写真を整理するたびに、アルバムを広げて見るたびに、彼の姿を見るともなしに見ることになる。やがて、いつの間にか、彼はどうしているだろうと思うようになる。そしてまったく無意識にだが、大人になるにつれ、気がついたら写真の中の彼を少しだけ男として意識するようになっていた。だから、同窓会で再会した時、“なつかしさ”も相まって、いきなり胸がキュンキュンして、ドキドキして、たちまち恋をしていたのだという。

そして付き合い始めて知ったのは、彼も昔、好きな人は他にいたが、むしろ卒業して会わなくなってからは、ふとこの彼女のことを、一体どうしているだろうと思い出すことが多くなっていたというのである。 長い時間をかけて、お互いに対して異性としての意識をじっくりと育んでいった形。“同窓恋愛”にしかない絆の結ばれ方だ。ところで、そういう“不思議な暗示”がなかった場合、どうしたら同窓恋愛を呼びこめるのかについて考えた。

3:7……これは言わば“再会美”の法則。30%が昔のイメージ。70%が今現在のイメージ。長いブランクのあとの再会において、人はみんなそういう形で、合わせて100のイメージを相手に向けて放っている。昔、ダサかった子が、今は目の覚めるような美人になっていた場合、残念ながら昔のイメージをすっかり消すことはできないが、今のキレイや洗練はちゃんと鮮明に伝わるってこと。ただし、女はすべからく大人になればキレイになる。つまり単に大人になっただけで、自ずとキレイの匂いを醸し出せる得な生き物。それこそハイヒールを履くだけで、プラス30%のゲタを履かせたくらいのキレイ効果があるはずで、昔冴えなかった子がちょっと頑張っただけで、“異様にキレイになった”と思われる特典がつくのだ。それにキレイな人は、久しぶりに会うともっとキレイに見えるという、もうひとつの特典がついており、何倍もの引力を持つ。