1. 女が好きな女、嫌いな女の意外

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

女が好きな女、嫌いな女の意外

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女が好きな女、嫌いな女の意外

いちばん悲しいのは感心を持たれぬこと。だからせめて嫌われよ!

たまたま耳に入ってきた、女同士のおしゃべりは、「あ、その人好き」「私、嫌い」「私も嫌い」。次々に出てくる女優の名前に対し、ともかく好きか嫌いか、それだけの会話だった。なぜ好きで、なぜ嫌いかの理由はない。みんなひたすら「あの人好き」「あの人嫌い」と、自分の好き嫌いだけを各々勝手に口にするだけ。ちょっと不思議な会話であった。でも今の時代、人を好きか嫌いかだけで見る人が増えているらしい。つまり、どんな人にもいいところがある……みたいな見方はあんまりされない。それは基本的にみんなが、自分にしか興味がなく、深いところまで人を見ようとしない表れ。

しかも、そのおしゃべりを聞いていると、明らかに“好きより、嫌い”が多い。確かにここ数年「女が嫌いな女」ランキングへの注目度がいやに高い。ひょっとすると、女が女を嫌うことが、一種のレクリエーションになっているのじゃないか。その証拠に、嫌いな女の常連になっているタレントは、気の毒にと思ったのも束の間、ますます露出度を増し、嫌われキャラを売りものに、“人気”を博してしまっている。だから、嫌うほうにもそれほど罪悪感はない。加えて言うなら、、女に嫌われる女の多くは、そうやって全国的な嫌われ者になっても不思議にめげそうにない、神経が野太そうなタイプが基本。そのへんは嫌う側も心得ていて、嫌われてもへこまないタイプをちゃんと選んで嫌っているのである。

いやむしろそこに嫌われる女のタイプがひとつ、ハッキリと浮かびあがってくる。女に嫌われる女の3大要素は、1.男に媚びる、2.性格がきつい、3.下品である。しかしそういう人に共通するのは、嫌われても自分を変えない、変えられない。反省がないとも言えるが、裏表がないとも言える。“女に嫌われる女”の堂々1位で“人気”を博すあの人も、“執拗な媚び”が問題になっているハズなのに、目をこらすと裏があまり見えない。100%あれだけの人なら、いっそ可愛い。