1. 男が好きな女、男が嫌いな女の意外

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

男が好きな女、男が嫌いな女の意外

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

男が好きな女、男が嫌いな女の意外

世に言う"男モテ"……。 女がそれを狙えば狙うほど男たちはその裏をかく。

“男が好きな女”と“女が好きな女”のズレは、昔からよく指摘されるところだが、今は逆にその差がなくなってきた。かつて最大のズレをつくっていたのは、言うまでもなく“媚び”の有無。単純に、男に媚びる女にまんまとダマされる男が多かったということなのだが、今やそんなわかりやすい“媚び”は、愚かな男たちにも通用しない。そして今は、男にとっての“嫌いな女”も、女が選ぶ“嫌いな女”と、ほぼ一致してしまう。女の嫌いの三原則は、1に媚びる、2にきつい、3に下品だと言ったけど、今や男にとっても“媚び”は嫌いの対象にさえなってしまうのだ。女にダマされることを恐れている男が一気に増え、だから激減しているとは言え、媚びる女も魔性の女も、男たちは強い警戒心から、“嫌い”と言うのである。

そして、下品に対しても、男たちは以前にも増して神経質になっている。女たちの服の露出度が増し、露骨なまでに男に自分を高く売ろうとする女たちへの警戒心が年々強くなっていて、見た目はもちろんのこと、品のない近づき方をしてくる女、下卑た計算をしている女を、しっかり見抜かなけりゃいけないと少々身を固くしているのである。“ダマされまいと身を固くする”なんて、男と女の立場が思い切り逆転したとしか思えないが、そういう意味では、“きつい女”が嫌いという意識にも今、ちょっとした変化が見られ始めている。“きつい女”の中でも、ヒステリックに喜怒哀楽をぶつけてくるような“きつさ”は相変わらずNGだけれども、精神的に比較的安定した“強気のきつい女”なら好きになっちゃう流れが、男たちの間に生まれてきているのである。と言っても、そういう流れは、いくら“好きな女アンケート”をとっても、出てこない。男は基本的に、天使のような心を持つ女が好きということになっている。優しくて、ソフトな人当たりで、しかも美しい。加えてちょっと色っぽい……そういう女こそ理想のはずである。