1. 票のとれる女、票のとれない女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

票のとれる女、票のとれない女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

票のとれる女、票のとれない女

あらゆる場面で勝ち負けを分けるのは、逆境でも微笑める体力だった。

票のとれる女、票のとれない女……今まで、女の価値を計る判断基準にはなりえなかった“票”という概念が、このところにわかにクローズアップされてきている。言うまでもなく、先ごろの選挙で良くも悪くも話題を独占してしまった自民党の女性候補たち。ああいう種類の女性たちをまとめて見る機会があまりなかった日本人に対し、あの人たちはともかくたいへんなインパクトを持った。

まずはともかく、世の中にはすごい女の人っているのだという再認識。もちろん今までだって学歴や経歴がすごい人ってちゃんといたのだと思う。でも今までの“すごい女たち”とは明らかに何かが違う。ひとことで言うと、この人たちは“女”をちゃんと前面に出しているのだ。失礼ながら、今までのすごい女性って、すごい代わりに女を奥のほうにしまいこんでいた気がするが、この人たちは悪びれもせずちゃんと前に出している。そのうえでプロフィールがものすごいから、世間の“女”を見る目を一夜にして変えたのだ。そして女には、やっぱり2種類いるのだと知った。いつも恋愛してそうな女と、いつも恋愛してなさそうな女が。

少なくともこの人たちは、激務の合間をぬっても恋愛をしそうな匂いがする。いやこれはあくまでもイメージ上の話だが、それにしても男性スキャンダルの出る女性候補なんて今までやっぱりいなかった。そしてこの“恋愛をしてそうな匂い”とすごい経歴が組み合わさると、何だか女はものすごいパワーを持ってしまうのである。