連載 齋藤薫の美容自身stage2

女が自ら幸せをこわすとき

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

不利になるとブチこわそうとする…… ちょっと卑屈な負けん気が女に幸せをこわさせる。

そう、女は案外自分で幸せをこわしてしまいがち。あなたもそういう側面を持っちゃってないだろうか?たとえば、恋をするたび、その恋を自分の手でこわしていく女は、決して少なくない。ふつうに付き合っていれば、きっと結婚できたものを、わざわざモメごとをつくって関係をブチこわしてしまう。しかも、その相手を嫌いなわけではぜんぜんない、むしろまだまだ大いに好きだったりするのに、負の感情を丸出しにして、相手につっかかっていってしまう。その“歪み”って、一体どこからくるのだろう。

もちろん男のほうは関係を修復しようとしてくれる。けれど“自ら幸せをこわす女”は一時的に落ちついても、しばらくたつと、また自らモメごとをつくる。それを何度か繰り返すうちに、男のほうも疲れてくる。そうして本当にこわれる日がやってくるのだ。でも、イザ別れがやってくると気づいてしまう。いいえ、私は何も別れたいわけじゃないのよと……。でも、引っ込みがつかない女は“いいわよ、別れてあげるわよ”というスタンスを取りながら、結局自らの手でとどめを刺す。そして、自分はどうしてこんなに不幸なのだろう。自分はどうしていつも幸せになれないのだろう、と死にそうなため息をつくのである。

“幸せをこわす女”はなぜこわすのか?それは非常に皮肉だけれども、“幸せ”になりたいから……。幸せという結果を急ぐから、白黒ハッキリさせたがるのだ。にもかかわらず歪んでしまうのは、自分が想っているほど、相手は自分を想っていないのじゃないか?結婚までいかないのじゃないか?そういう不安や悲観が相手に対する“攻撃”や“反発”に形を変えてしまうから。ひどく負けず嫌いの子供がゲームをしたとき、ちょっと形勢が悪くなり、負けるかもしれないと思うと、ゲームをいきなり放棄したり、メチャクチャにしてしまう、ちょうどあれと同じ、不利になるとブチこわす……。ちょっと卑怯な負けん気が、そこに働くからなのだ。加えて“人を信じないタイプ”も、やっぱり自ら幸せをこわしやすい。恋愛も盛りあがっているうちはいいが、何となく関係が固定化、気持ちが落ちついてきたとたん、相手の気持ちを疑いはじめる。「本当は別れたいんじゃない?」。何の根拠もなくそうやって心変わりを疑い、“イチャモン”をつけるのだ。いや、厳密に言うなら“疑り深い”のじゃなくて、“愛されたくて仕方ないタイプ”だからそうなってしまうのである。 

こういうタイプの特徴は“私、あなたを疑ってんのよ”ということを、ともかく相手に伝えたがる。なぜなら否定してほしいから。そうじゃないよと言ってほしいから。相手の気持ちが冷えきってることが明らかなら、かえって口に出せない。口に出すこと自体が、もっと愛してほしいという強い気持ちの表れなのだ。ただそういうことも、度重なれば相手は疲れてくる。「そんなに疑うなら、いいよ、それで」と相手は開き直るだろう。そのとき、「ほうら、ごらん」となってしまうから、幸せはブチこわれるのである。これは子供の頃、親の愛情が薄かったのが原因という説もあるけれど、そうでなくても、ともかくともかく幸せになりたいがあまりに、素直になれない女って、世の中にはけっこう少なくないのだ。まったく皮肉である。ちなみに、“愛しすぎてしまって不幸になる女”とこれは別。愛されたい気持ちが強すぎる女は、妙にプライドが高いから、露骨に相手を追い回したりしないのだ。だから、終わりも早く来る。

ただ問題なのは、“自ら幸せをこわす女”たちは、いずれも自分がそういうタイプであることにあんまり気づいていないこと。今、目の前にある問題さえ解決できれば、必ず幸せになれる、今、気になる障害さえどければ、必ず自分は非の打ちどころなく愛される、そう思い込むから一途なうえに、自分はまっとうで、正しいことをしていると思ってしまいがちなのである。それこそ不幸。良かれと思って不幸のクモの巣に自ら飛び込んでいく。それって女の人生にはあってはならないことだと思うのだ。

だからまずは、自分が“そのタイプ”か否かをよく見極めること。あなたは幸せになりたくて、ジレていないか?愛されたくてひねくれてないか?もっと簡単なことなのだ。幸せになりたい、愛されたい、そういう女の本能みたいな願望ほど素直に口にしないといけない。ひねったり歪めたりせずにそのまんま。そういう究極の願望、持ってまわるほど、ひねるほどに重くなるから要注意。ストレートに口にしたほうが、相手の心をぐらぐら揺らすはずなのだ。人生にかかわる重い気持ちほど、軽やかにサラッと口にする……。幸せをこわさないたったひとつのコツである。

幸せをうっかり落っことしてこわしてしまう女

“自ら幸せをこわす女”中には、すでにしっかり幸せをつかんでいながら、花がキレイに生けられた花びんをこわすように、わざわざ幸せをこわしてしまう女がいる。たとえば、夫も子供もいるとても幸せそうな主婦が、不倫したあげくに家を出たりして、でもかえって苦労していたりするようなこと。もちろん “本当の恋”目覚めたのだと言えば聞こえはいいが、不倫家出妻の多くが後悔するというから、そんな美しい話、たくさんはないわけで……。“幸せをブチこわす女”は、人一倍幸せになりたい気持ちが強い女と言ったけれど、まさにそう。結婚して、子供も持ったけど、あれ?

これが私が望んだ幸せだったの?とガッカリするから、今の穏やかな生活をこわそうとする。結局、そうやって見つけた幸せも、本物の幸せじゃないのだけれど。まだしも、平穏な主婦生活のほうが、幸せだったと思うのだけれど。結局、幸せっていうのは、AとBとの “比較”でしか感じ取れない幻想だからこそ、いつも自分がつかめる幸せを大きく見積もりすぎている女は、結果として、自ら幸せをこわしやすいのである。そういう意味では、世間知らずや物事がよく見えていない分別のない女は、うっかり花びんを落っことすような幸せのこわし方をする。そう、だから幸せの取り扱いには充分注意して。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ