1. 女が自ら幸せをこわすとき

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

女が自ら幸せをこわすとき

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女が自ら幸せをこわすとき

不利になるとブチこわそうとする…… ちょっと卑屈な負けん気が女に幸せをこわさせる。

そう、女は案外自分で幸せをこわしてしまいがち。あなたもそういう側面を持っちゃってないだろうか?たとえば、恋をするたび、その恋を自分の手でこわしていく女は、決して少なくない。ふつうに付き合っていれば、きっと結婚できたものを、わざわざモメごとをつくって関係をブチこわしてしまう。しかも、その相手を嫌いなわけではぜんぜんない、むしろまだまだ大いに好きだったりするのに、負の感情を丸出しにして、相手につっかかっていってしまう。その“歪み”って、一体どこからくるのだろう。

もちろん男のほうは関係を修復しようとしてくれる。けれど“自ら幸せをこわす女”は一時的に落ちついても、しばらくたつと、また自らモメごとをつくる。それを何度か繰り返すうちに、男のほうも疲れてくる。そうして本当にこわれる日がやってくるのだ。でも、イザ別れがやってくると気づいてしまう。いいえ、私は何も別れたいわけじゃないのよと……。でも、引っ込みがつかない女は“いいわよ、別れてあげるわよ”というスタンスを取りながら、結局自らの手でとどめを刺す。そして、自分はどうしてこんなに不幸なのだろう。自分はどうしていつも幸せになれないのだろう、と死にそうなため息をつくのである。