1. 待てる女と待てない女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

待てる女と待てない女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

待てる女と待てない女

"待つ女"より、"待てる女"へ。"待てない女"より、"待たない女"になりましょう。

男と女が待ち合わせ、ところが男のほうにアクシデントが起きて行けなくなった。なのに今どき連絡もつかなくて、女を待たせることになる。4~5時間後、まさかと思いつつ待ち合わせ場所に行ってみると、女はその場でうずくまったまま待っていた。ごていねいに雪までちらついている。“なんと健気な”……と男は感動し、この女を離しちゃいけないと心に決める……本当によくありがちな恋愛ドラマのひとコマだが、現実にはあんまり、ありがち”じゃない。待つ女は、確かに感動される。でも待ちすぎるとコワがられる。むしろ、待っていられたら困る女ほど、待ってくれちゃう……と男は言うかもしれないし、待つって難しい。女ってホント難しい。

女が男を待つ場合、たとえば「海外赴任から戻るまで結婚を待ってくれ」みたいなケースは、とりあえずいつまで待てばいいのかが明快だから、“待つ女”にそれほどリスクはない。しかしもう3年も付き合っている男が困ると口に出す「もうちょっと待ってよ」という言葉は、女にとってクセものだ。“待ってて”って言葉は、解釈の仕方もいろいろ、女が男を待つ時、何をいつまでどう待つのか、多分にひとりよがりになってしまいがち。それも、女は“待つ性”だからである。

大昔から、男は獲物を獲りに行ったり、戦いに出かけてたりして家を空け、女は家を守りながらひたすら待っていた。そのDNAが女には今も組み込まれているから、けっこう激しく待ってしまう。外の待ち合わせ場所で待つのは2時間が限度でも、人生において男を待つ時は、かなり気合を入れてしまう。相手の気持ちを無視して押しつけがましく待ってしまったり、来ないかもしれない連絡を、執拗に待ってしまったり。そしてこれだけ待ったのだからと、待ったことへの見返りを求めてしまったり。