連載 齋藤薫の美容自身stage2

許す女と許さない女

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

“人を許す徳”が育ってくるまで、女は男を許しちゃいけない。

今どきは“浮気アンケート”みたいなものを敢行しても、夫よりむしろ妻のほうに浮気が多い、くらいの勢いらしいし、独身男女においても、二股三股を上手にかけているのは、むしろ女のほうであるらしい。だからみんなピンとこないのだろうけれど、ともかくほんの少し前までの地球の法則は、男が女を裏切り、それを女が許すかどうか……そこに女の運命の分かれ道があったのである。とても単純な話、許せば関係は続くし、許さなければ続かない。“離婚”の原因は今もそれがいちばん多いらしいから“許せる許せない”が女の人生をいちばん大きく左右すると言ってもいい。ちなみにアメリカは、女が男を許さないから離婚が多く、彼らと比べれば、日本の女はよく許すから、まだしも離婚が少ない。離婚率は、その国の女たちの許せない度の高さに比例するのだ。

しかし、もっと昔は“許さないこと”そのものが、女には許されていなかったりした。たとえば、かの国では今も存在する“一夫多妻”などその典型。許さないこと自体を許されていない……それがかつての女の立場だったと言っていいだろう。逆を言うなら、100%それは男の都合だからこそ、じつは今も“許す女”は男たちの憧れなのである。俗に言う“古風な女”っていうのは、料理がうまい女のことでも、着物が似合う女のことでもない。じつは主にこの“許してくれる女”のことを指すのである。

しかし別の意味で“許さない女”に対しても、男は一目置く。この女は侮れない、ひと筋縄ではいかない、こころしてかからないと……と、男をある意味しゃんとさせるのだ。だから、とことん身勝手な男たちは、一方で“一夫多妻”を夢みながらも、男に対し身も心も頑なに“許さない女”にもまた憧れる。もちろん肉体だけでなく、男のテキトーを許さない毅然たる精神の女に対する憧れは、男の潜在意識の中にハッキリあるものなのだ。さあ困った、“許す女”も“許さない女”も男の憧れだとしたら、自分は一体どっちを選ぶべきなのか?

そこであらためて見つめたいのは、自分の中にある“許す心”と“許さない心”の本質……。一度ここで、恋愛から離れてみたいのだが、新約聖書の中に“汝の敵を愛せよ”というフレーズがある。言うまでもなく、“自分に敵対し、迫害する者をも愛しなさい”という意味で、究極の“許せる心”をもちなさいっていう話なわけだが、たぶん世間一般でいうところの“人間がデキている”とはつまりこのこと。自分をおとしめた人間を許せるって、ひとの感情の中ではいちばん尊い、しかも高度なものなのだ。

つまりそういう徳をもったうえで、男を“許せる女”になれれば理想だが、恋愛においては許しておいたほうが今は都合がいいから許してしまうケースがほとんど。単に好きだからホレた弱みで許してしまう女がほとんど。徳とはまったく無関係。そういう“許す女”はもちろん男にナメられる。男はもっと図に乗って女を裏切るだろう。人間的成長が見られないうちの恋愛がけっこうメチャクチャになりがちなのはそのため。許しちゃいけない男を許してしまう判断ミスが女を不幸にするのだ。しかし、もし“人を許す徳”でもって男を許す女がいたら、男はその女をマリア様のように思うはずで、自分の求めていた女はこんな人と思うかもしれない。それはもう雲泥の差。“人を許す徳”で男も許さなきゃ、許す意味がないのである。

第一“許す”ってじつは気持ちいい。本当はこんなに心地よい感情はないのだが、実際に敵を許してみないとその快感を知りえない。だから人はいつまでも人を許さないのかもしれないが……。いや、実際許してみても腹のムシがおさまらない人もいて、そういう人はまだ自分の中に“許す心”が育っていない人。もっと徳を積まなきゃならないが、人を許して自らの心が洗われるような心地よさを感じればもう本物。本来“人を許さないこと”は、自分の心を知らず知らず疲れさせている。許さない気持ちは本来がガリガリと自らの心を削りながら自分自身をしめつけることになるから、けっこうダメージも大きいのだ。したがって、許さないことにストレスを感じるようになってきたら、その時が“許す女”への階段をあがる時……。

いわゆる裁判官を、選挙の時に知りもしないのに良いの悪いのと◯×評価しなきゃいけないのも、裁判官という仕事につく人は、建て前として日本一の人格者でなきゃいけないから……。人を許すか許さないかのジャッジはたぶんこの世でいちばん難しいから、完成された人格を必要とするのだ。だからそういう正しいジャッジができる心が育つまで、女は恋愛において男を許しちゃいけないのだ。まずは一日でも早く“許す徳をもつ女”になっておきたい。そうすれば恋愛において、許すべき男と、許してはいけない男の区別もしっかりついてくる。人生を左右するジャッジを間違いなくするためにこそ、私たち女は早いとこ“人を許せる女”になっておくこと、なのである。幸せになるために。

許してもいい男と、許しちゃいけない男の見分け方

さて、“許す女”と“許すべきじゃない男”の相性もたぶん最悪。多かれ少なかれ、苦しみや悲しみばっかり生んでしまう。“許さない女”は、ちょっとしたことで猛然と男を追及し、しかも許さないから別れも早く、その瞬間のダメージは大きくても、事故は少ないはずなのだ。でも逆に“許さない女”は、早急に結論を出しすぎて、本当は許してもいい男を、平気で切り捨ててしまっているのかもしれず、それはそれでもったいない。だからあらためて考えてみた。許すべき男と許しちゃいけない男の見分け方……。

もちろんさまざまな見方があるが、細かいディテールをすべて省略すれば、許せる許せないの境界線は、自分の浮気を認める男かどうか。もちろん“する側”からしたら、浮気の鉄則は“シラを切り通すこと”だけれど、女が男を許せるキモは、“シラを切れない正直さ”。こういう時に正直に口を割る男は、“人間っていつもどこかから神さまに見られてるんだ”というふうに思っているから、とことん悪くはなれないのだ。しかし、女の側も、ウソを認めれば許してあげるって言いながら、イザ認められると、その事実を許せない。それもまた女心。いっそ一生わからないように、一生ウソをつき通してほしかったのに、なんて思ったり。でも後で、許しておいてよかったと思うのは、結局のところウソのつけない男。それだけは覚えていて。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ