1. "ひとり"が似合う女 "ひとり"でいてはいけない女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"ひとり"が似合う女 "ひとり"でいてはいけない女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

"ひとり"が似合うのは、絵描きとかダンサーとか、自己表現できている女だけである。

いわゆる“おひとりさま”に何となしに憧れる女が増えているというが、女にはもともと“ひとり行動”への潜在的な憧れがある。ただしそれは“ひとり旅”や“ひとりでお酒”など、シーンが限られていて、多分に“見え方”を意識したもの。失恋したからひとり感傷旅行に出かける……みたいにセンチメンタルな自分に酔ってみたいといった、“自己陶酔願望”に他ならなかった。でも今どきの“おひとり願望”は、ひとりのほうが面倒くさくないし、気楽だし、落ち着く……というふうに、人間関係のわずらわしさから逃げたいという気持ちの表れでもあり、少なくとも昔からの“悲劇のヒロイン”願望とは質の違うもの。

たぶん、本当にひとりで生きてしまおうとしている女が増えているのだろう。だからひとりでも悲しそうに見えずにゴハンが食べられる店づくりなど、女ひとりが生きていく環境整備が急ピッチですすめられている。“憧れ”というよりは、“ひとりが美しい女”になっておかなきゃという、意外と切実な想いなのかもしれない。じゃあ“ひとり”が似合う、“ひとり”が美しい女とは、そもそもどんな女なのか?