1. "ひとり"で生きる方法 "ひとり"にならない方法

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"ひとり"で生きる方法 "ひとり"にならない方法

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

誰かと一緒にいるための努力や工夫やガマンを怠れば、人間はたちまちひとり!

「ひとりのほうが気楽だし」「ひとりでいるほうが基本的には好きなタチ」“ひとり”で生きる準備を何となく、それとなく始めようとしている女は、たぶん多かれ少なかれ、そういう言葉を口にするはずで、それもまた“心の準備”のうち。あるいは、それを自分に言い聞かせることで、暗示をかけているのかもしれない。だから本当にひとりが好きなのかどうか、時々確認してほしい。たとえば、カップルや女同士のグループが周囲にやたらいて、ひとりなのは自分だけ。そういう状況で人をうらやましいと思わないかどうか、そこをきっちり見ておいてほしい。もしも何とも思わないなら、それは本当の意味で“ひとり”が合っている人、だからもう何も言わない、ひとりで生きてほしい。

でももし少しでもうらやましさを感じるなら、「ひとりが気楽」なんて、自分に言い聞かせないでほしい。ひとりで生きる準備もやめてほしい。繰り返すが、女にはやっぱり“ひとり”があまり似合わない。“ひとり”だと寒そうに見えてしまうのは、女の生体がひとりで生きる仕様にはできていないから。なのに、私はひとりがいいと自分を自分で追いこんでしまってはいないだろうか。大切なのはここ。“ひとりになる女”は結局、自分でそれを選んでいる。知らず知らずそこへ自分を追いこんでいる。原因は自分にあり、なのだ。

そう望んでいないのに“ひとり”になってしまっている女も、じつはけっこう自分の都合で、こういう時はひとりがいい、こういう時はひとりじゃイヤと、“誰かと生きること”に対し、ムラっ気を出してきたはずだ。いわゆるワガママとは違うけれども、大事なタイミングにわざわざ“ひとり”でいてしまったりするシーンが多かったはずなのだ。逆を言うなら“ひとり”になりがちな女は、自分をひとりにしないための計算とか画策がヘタ。結局ひとりでいないための努力を怠ってきた人が、不意にひとりになるわけだ。逆を言えば、“ひとり”になるなんて簡単。相手が男にしろ女にしろ家族にしろ、一緒にいる努力や工夫やガマンを怠れば人間はたちまちひとり。ボーッと生きてれば、人間いつの間にかひとりの単位になっていっちゃうのだ。