1. 変わっていく女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

変わっていく女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

変わっていく女

良く変われば人が寄ってきて、悪く変われば人は去っていく。それが世間。だから不用意に変わっちゃダメ。

「私を今日から、マリアと呼んで」みたいに、自分で勝手に名前を変える人がいる。芸名、ペンネームの類は別として、確固たる理由なく自分の名前を変える人は“信用できない”と言った人がいた。いやたぶん本人にはちゃんと理由があるのだ。「今日から生まれ変わるの」という……。

ついでに言っておくならば、字画が悪いからとか、パッとしないからという理由で芸名などを変えて、急に良くなった人を見たことがない。パッとしないのは名前のせいじゃなく、単に努力が足りないせい。名は体を表すが、名前だけポンと変えても、人はそう簡単には変わらない。ちょっと乱暴な形で自分を無理に変えようとしても、うまくはいかない。とくに名前をくるくる変える人って“やっぱりへん”だ、とみんな思ってて、そもそも世間が違和感を覚えるような変わり方で、急に幸運が舞いこむわけがないのである。変わることは、とってもいいこと。でも方法を間違うと、人は不幸になる。そういうことだろうか。

まず、当たりまえのことだけど、人は“良く変わる”ことができなきゃ、何度変わっても意味がない。そこを多くの人は忘れている。良くなったことが、目に見えないのなら、人は変わる必要などないってほどに。たとえば、少女から大人の女になる時でさえ、「大きくなったね」だけじゃダメ、ちゃんと「キレイになったね」と言われなきゃいけない。1ミリでも良くならなきゃいけない。それが絶対条件だから、人はそんなにポンポン変われる道理がないのである。でも逆を言えば、女には“良く変わったこと”を世間に向かってあえてアピールしなきゃいけない時がある。そこでプラスに変わらないと、逆にマイナスに見えてしまう、そういうタイミングがあるのだ。良く変われば、ちゃんと伸びているように見え、いかにも充実した人生を送っているように見える重要な“見せ場”になるけれど、そこで変わらなければ、後退しているように見え、不幸そうにも見えてしまう。