1. 頑なな女は幸せなのか?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

頑なな女は幸せなのか?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

頑なな女は幸せなのか?

"頑な"も上手につかえば大成功のもと。でも他人を認めない"頑な"は必ず破綻する。

“頑固な女”には、ハッキリ2種類いる。そこをまず明快にしておきたい。ひとつは、人の意見を聞かない、時代の流れも見ていない、だからひとり浮いてしまうタイプ……。今でこそ再び“つけまつ毛”がポピュラーになりつつあるが、ひとっこひとりつけていない時代に、フランス人形みたいなつけまつ毛を堂々とつけ続けた女性がいた。ユ60年代~ユ70年代には一般の女性もつけた“つけまつ毛”を、そのままつけ続けていた中年の女性。もちろん恐ろしく浮いていた。“頑な”ってものすごいパワーだって思ったもの。確かに何倍も目を大きく見せてくれていた。“つけまつ毛”を外してしまうのは、怖いこと。昔、美人だった人ほど頑なに自分を変えないのと同じで、怖いのだ。

しかし、世の中がNGというものを、ひとりつける怖さに比べたら、それは大した恐怖ではないと思うのだが、“頑なパワー”は、それを超えてしまうのである。“頑な”には、情趣を解さないさま、無風流という意味がある。時代の流れをまったく無視できる強烈な野暮は、やっぱりあってはならないものなのだ。

でももうひとりの“頑固な女”は、モノが見えていないわけじゃない。時代の流れについていけないわけでもない。それでも誰が何と言おうと、引けないものがある、妥協できないものがある女……。意地っぱりな女とも言えるけれど、でも意志の強い女とも言える。“頑な”とか“頑固”という意味を辞書で調べれば、ロクなことが書かれていないし、実際“頑固な汚れ”とは言うけれど、“頑固な美しさ”とは言わない。だが“頑固な人間”、“頑固な女”にはネガティブだけじゃない、プラスの側面もあることだけは確かなのである。モーグルひとすじの上村愛子も、ヴァイオリンひとすじの五嶋みどりも、みんなある意味で頑なだ。卓球ひとすじの福原愛ちゃんは、まだ全然子供の頃に「卓球をぜったいやめない」と足をバタつかせて泣いていた。あんな頃から頑なだと、ああいう立派な高校生になれるのである。つまり、“頑な”ってああいうふうに使えばとても早い時期に、他の人が味わえない極上の感動や幸福感を得られる手段となるのだ。