連載 齋藤薫の美容自身stage2

女はなぜこんなに悩むのか?

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

クヨクヨ悩む人は、人一倍幸せになりたいくせに幸せへの意欲には欠ける人。

悩み……そんなひとことでまとめてしまっていいのかと思うほど、悩みって、質も深さもさまざまだ。ポツンとできた、たったひとつのニキビの悩みから、死にたいほどの人生レベルの悩みまで……女はそれをクマなく悩む。多種多様の悩みをひと通り悩む。まさに、女は悩む性。悩むために生まれてきたのじゃないかってくらいに……。そして女って本当は悩むのが好きなんじゃないの?っていうくらいに……。でもなぜそんなに悩むのか?ひとつの答えは、ズバリ“幸せになりたいから”。幸せでないから悩み、どうしたら幸せになれるかを悩む。ニキビひとつだって、これがなかったらどんなに幸せかって、女はそういう意味で悩むのだ。ミルフィーユとミルクレープ、どちらにしようと悩む時も、どっちのほうがお口の中がより幸せかって、女はそういう意味で悩むのだ。

いずれにせよ“幸せ”の反対語は“不幸”である前に、“悩み”であると言っていいくらいに、女は幸せ願望の裏返しとして悩む生き物なのだ。だから、非の打ちどころなく幸せそうな人に向かって、私たちは皮肉まじりにこう言う。「あなたって悩みなんかひとつもないでしょ?」と。ただしそこにはもうひとつ、痛烈な皮肉が秘められている。悩みはそもそも知性が持ちこむものという側面があり、だから“バカは決して悩まない”という説もある。そこでつねに能天気にひらひらしている女をつかまえて、「あなたって、悩みなーんにもないでしょ?」とわざわざ言ってみるわけだ。それはある種の幸せに対する“やっかみ”が半分、自分のほうが知的という優越感半分の立派なヤユなのである。

そう、悩みはある意味、知的だ。知性も知識もあり、自らの役割を果たすという責任感や、正しくあらなければならないという倫理感、そういうものがあるからこそ、人は苦悩するのだとも言える。挫折とか失望とか嫉妬みたいなものだって、知性と能力ある人間だけが持つ負の感情であると言っていい。そもそもが“哲学”は生きる悩みをほどく学問。10代のうちに“生れ出づる悩み”などを哲学的に悩んでしまうのは、頭でっかちになって、知性と教養の量が、乏しい人生経験の量を上回ってしまった結果の歪みなのである。

とするなら、こういうことが言えないか。悩みが多い人って、一応、知性的ではあるタイプ。しかし厳密に言うなら、その知性や思考の量が行動力を上回ってしまっている人なんじゃないかって。つまり、頭でっかちにいろいろ考えるわりには、今ひとつ行動力に欠ける。実際行動に移してしまえば考えずにすむことを、家に持ち帰ってしまう、そういう人がいろんなことをクヨクヨとこねくり回すハメになってしまうのではないか。そう確かに、パキパキと軽やかなフットワークですぐ動いてしまう人には、あまり悩んでいるフシはない。それは能天気だからじゃなく、まずやってみる、やってみちゃえるからなのだと思う。恋愛においても、あんまり悩まない女って、要は彼氏とぎくしゃくしてきた時には、早くももう次の男に目が行っていて、別れた時にはもう悩むヒマもなく、次の恋愛に走っていたりする。悩まない人って、悩む時間も惜しんで、幸せに対して体を前に一歩進めているタイプなのじゃないか。逆にいつも悩んでいる人は人一倍幸せになりたいくせに、じつは幸せになる意欲に欠ける人。その歪みが大きいほど、クヨクヨ悩むのじゃないか。

ちなみに女が“悩む性”であるのも、幸せ願望が現実の幸せの可能性を上回ってしまうから。そのギャップが大きい人ほど、人生の各所でいっぱい悩むわけだが、だから実際に幸せになれる人は、皮肉にも幸せへの欲があまりない人。願望と現実にギャップがない人が、果てしない悩みに囚われるはずはないのだから。

ただ、近ごろの日本に増えている、覇気もヤル気もない“下流”志向の若者みたいに、ムダな悩みを悩みたくないから、幸せ願望もあえて持たなくなるのではちょっと困る。“幸せを大して望まなければ悩みも生まれない”という裏法則に気づいてそこに逃げこんでしまうと、何か身もフタもない気がする。つまり、人は叶わぬ幸せを望んで、少し苦悩するくらいのほうが正しく生きられることも、また事実なのだ。幸せってことなのだ。そこで、人はなぜ悩むのか?にもうひとつの答えを出すならば、逆にズバリ幸せだから。極端な話、食べるのにギリギリの生活を送っていた時代、人は“悩み”なんて持たなかった。そういう時代にちゃんと悩みを悩んでいたのは、むしろ一部の特権階級のみ。昔の貴族が、不倫も浮気もやりたい放題だったのも、要するに食べる心配がなく、とってもヒマなうえに苦悩もないから、わざわざ背徳の恋をして悩みをつくり出していたのだ。清廉潔白な恋愛では苦しみがないから、退屈すぎるって。

日本の若い女性に目立って悩みが多いのは、やっぱり日本にデレデレの平和がつづいて、ちょっと昔の貴族みたいなメンタリティになっていたからっていう説もある。悩めるうちが幸せ。悩むことにも幸せあり。それもまた揺るがぬ真実なのである。

“悩み”が友だちを増やし、人間関係を円滑にする?

学生時代の友だちは、一緒に買いものをしたり、合コンしたり、要はともに遊び、ともにヒマをつぶすための関係だった。これに対してオフィスにおける人間関係はむしろ、ともに悩みを悩む関係と言っていい。基本的にオフィスの同僚とは、一線を引いた形での関わりになるはずだが、その関係を一気に深めるのが、他でもない“悩み”なのだ。

上司がムカつく、同僚とウマが合わない、後輩が憎たらしい、大事な仕事で失敗した、もう辞めたい……仕事場では、みんな何らかの悩みを抱えている。それを誰にもらすか、誰からもらされるか、そこでオフィスの友だち関係が始まっていく。ひとつ悩みを口にすれば、その相手とはもう“抜き差しならない関係”になっていく。ある種の秘密を共有してしまうから、お互い“裏切り”は許されない関係となる。でもそれ、友人とは呼べない。もちろん、本当の友人に発展することもあるけれど、いずれにせよ悩みあっての友だち関係。女同士にとって“悩み”は、一時的な友情を生むのは確かなよう。

だから、オフィスで友人が欲しければ、目ぼしい相手に悩みを打ち明ければいいし、うまくコミュニケーションがとれない相手には、わざわざ悩みを持ちこめば、不思議に気持ちがつながったような気がしてしまう。そういう意味で、悩みは便利。一生ものの友だちづくりには、あまり向かないけれどもね。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ