1. 女はなぜこんなに悩むのか?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

女はなぜこんなに悩むのか?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女はなぜこんなに悩むのか?

クヨクヨ悩む人は、人一倍幸せになりたいくせに幸せへの意欲には欠ける人。

悩み……そんなひとことでまとめてしまっていいのかと思うほど、悩みって、質も深さもさまざまだ。ポツンとできた、たったひとつのニキビの悩みから、死にたいほどの人生レベルの悩みまで……女はそれをクマなく悩む。多種多様の悩みをひと通り悩む。まさに、女は悩む性。悩むために生まれてきたのじゃないかってくらいに……。そして女って本当は悩むのが好きなんじゃないの?っていうくらいに……。でもなぜそんなに悩むのか?ひとつの答えは、ズバリ“幸せになりたいから”。幸せでないから悩み、どうしたら幸せになれるかを悩む。ニキビひとつだって、これがなかったらどんなに幸せかって、女はそういう意味で悩むのだ。ミルフィーユとミルクレープ、どちらにしようと悩む時も、どっちのほうがお口の中がより幸せかって、女はそういう意味で悩むのだ。

いずれにせよ“幸せ”の反対語は“不幸”である前に、“悩み”であると言っていいくらいに、女は幸せ願望の裏返しとして悩む生き物なのだ。だから、非の打ちどころなく幸せそうな人に向かって、私たちは皮肉まじりにこう言う。「あなたって悩みなんかひとつもないでしょ?」と。ただしそこにはもうひとつ、痛烈な皮肉が秘められている。悩みはそもそも知性が持ちこむものという側面があり、だから“バカは決して悩まない”という説もある。そこでつねに能天気にひらひらしている女をつかまえて、「あなたって、悩みなーんにもないでしょ?」とわざわざ言ってみるわけだ。それはある種の幸せに対する“やっかみ”が半分、自分のほうが知的という優越感半分の立派なヤユなのである。