1. なぜ女は幸せになりたいか?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

なぜ女は幸せになりたいか?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

なぜ女は幸せになりたいか?

幸せになりたくてもなれないことが女の人生を面白くする。

女は“悩める性”であると同時に、“幸せになりたい性”でもある。これはもう間違いなく、女は男よりずっと幸せになりたい生き物。幸せへの執着が強い生き物。でもそれ、一体なぜなのだろう。いや男たちだって幸せになりたいに決まっているが、「オレ、幸せになりたい」と口にされるとやっぱりちょっと引く。そこはひとまず神様が決めた、それぞれの役回りってものなのかもしれない。女は“幸せになりたいの”と目をキラキラさせて願う、男は“よーし!”と女を幸せにしてあげるために立ち上がる……そんな構図がもともとあって、今もそれぞれ割り当てられた役割をこなしているにすぎないのだ。

さらに言えば、人生の“成果”を何で測るか、そこがたぶん男と女じゃ決定的に違うのだろう。男が“成功”を着地点にするのに対し、女はやっぱり大きな意味での“幸せ”に着地したい。人生やってきた収穫として、またガンバってきた報酬として、男は年収とか肩書を、女はやっぱり目に見える幸せがほしいということ。

もちろん今は、男のほうが安定を求めちゃって、ハイリスク・ハイリターンな人生を目指す男は減る一方だし、逆に女が“成功”の2文字を明快に目指すようにはなってきた。ただそれでも、今どきの男が求めるのは、あくまで“安定”で、それは残業なし、休日は車を洗って、あとはゴロゴロするという安定。女が考える“幸せ”とはちょっと違うし、“成功”に向かってガンガンに攻めてる女も、一方で“幸せ”への執着はまったく捨ててない。成功もしたいが、幸せにもなりたい。とても欲張りになっている。