連載 齋藤薫の美容自身stage2

なぜ女は幸せになりたいか?

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

幸せになりたくてもなれないことが女の人生を面白くする。

女は“悩める性”であると同時に、“幸せになりたい性”でもある。これはもう間違いなく、女は男よりずっと幸せになりたい生き物。幸せへの執着が強い生き物。でもそれ、一体なぜなのだろう。いや男たちだって幸せになりたいに決まっているが、「オレ、幸せになりたい」と口にされるとやっぱりちょっと引く。そこはひとまず神様が決めた、それぞれの役回りってものなのかもしれない。女は“幸せになりたいの”と目をキラキラさせて願う、男は“よーし!”と女を幸せにしてあげるために立ち上がる……そんな構図がもともとあって、今もそれぞれ割り当てられた役割をこなしているにすぎないのだ。

さらに言えば、人生の“成果”を何で測るか、そこがたぶん男と女じゃ決定的に違うのだろう。男が“成功”を着地点にするのに対し、女はやっぱり大きな意味での“幸せ”に着地したい。人生やってきた収穫として、またガンバってきた報酬として、男は年収とか肩書を、女はやっぱり目に見える幸せがほしいということ。

もちろん今は、男のほうが安定を求めちゃって、ハイリスク・ハイリターンな人生を目指す男は減る一方だし、逆に女が“成功”の2文字を明快に目指すようにはなってきた。ただそれでも、今どきの男が求めるのは、あくまで“安定”で、それは残業なし、休日は車を洗って、あとはゴロゴロするという安定。女が考える“幸せ”とはちょっと違うし、“成功”に向かってガンガンに攻めてる女も、一方で“幸せ”への執着はまったく捨ててない。成功もしたいが、幸せにもなりたい。とても欲張りになっている。

つまるところ、女の成功も形ある幸せのひとつにすぎないのかもしれないが。そう考えると、女はやっぱりもう宿命的に、何が何でも幸せを追い求めていく遺伝子をセットされた生き物なのだって思わざるを得ない。そもそも女が“キレイになること”をひとつの義務のように思うのも、それが手っ取り早く“幸せ”を手にするための手段だと思うから。現実には、美人だから幸せになれるというほど単純な世の中じゃないが……。少なくともキレイを手に入れることそのもの、オシャレして自分を飾りつけることそのものも、女の幸せのひとつとして加算されるよう、神様がアレンジしてくれたのは間違いない。

でないと、女だけがブランドものを買っただけで幸せになってしまう事実を説明できないし、甘いものを前に女同士おしゃべりする瞬間にさえ至福を感じてしまう理由を説明できないのだ。でももっとうがった見方をすれば“幸せになりたくてもなれないこと”も、女の人生を面白くしている気がする。私たち女はまだそこに気づいていないけれど、幸せを追うことがすなわち“幸せ”なのだ。女は“幸せ”というものとくっついたり離れたり、ほとんど“幸せ”と戯れているような一生を送るのだと言ってもいい。

もしも“幸せ”と“不幸せ”という概念がなかったら、女の一生はまったく無味乾燥なものになるだろう。その形のない、掴みどころのない、ひどく曖昧なものをずっと追いかけているから、女の人生って、結果としてとてもにぎやかでエキサイティングなものになり、良くも悪くも中身の詰まったものになる。女の喜怒哀楽の多くの部分が、幸せとの戯れの中で生まれるものだからである。そして本を読んだり映画を観たりして心を動かせられるのも、音楽を聴いて心ふるわせられるのも、要は不幸せの体験があるから。幸せばかりの人じゃ感動の涙も出ない。幸せになったり、不幸せになったりするその浮き沈みこそが、女の人生における最大の面白みなのだ。

先にも述べたように、女が悩むのも結局のところ“幸せになりたいから”で、たとえば女友だちに悩みを打ち明けるのも幸せになるための相談。女同士のおしゃべりが、つねにつねに盛り上がるのも、話題の多くが“幸せになるための悩み”もしくは“不幸自慢”だからで、“不幸せ”という概念がなかったら、またみんな幸せすぎたら、女同士のおしゃべりなんて成立しない。女たちがみんなそれぞれちょっと不幸せな側面を持っているからこそ、おしゃべりは女にとってひとつの快楽となり、人生においてもっとも貴重な日常的イベントとなるのじゃないか。

そう考えると、“幸せじゃないこと”こそが女の人生を面白くしているとも言える。考えれば考えるほど“幸せすぎること”って、つまらない気がする。だって、女は生きていくテーマが“幸せになること”なら、その幸せを掴みにいく過程そのものが人生なのだ。実際にその幸せを掴んでしまったら、とりあえずは生きる目標を失うことになり、やがて必ず退屈してくる。生きる気概を与えてくれ、生きる喜びを教えてくれるのは、むしろ不幸せのほうであると言ってもいいのである。“人生にはふたつの悲劇がある。ひとつは願いが叶わないことで、もうひとつはその願いが叶ってしまうこと”……そんな言葉がある。女にとっての悲劇もふたつ。幸せになれないことと、幸せになってしまうこと……。

なぜ女は、幸せになりたいのか?それは生き生きと生きるため、目標ある人生を送るため。だからせいぜい幸せになる過程を楽しもう。不幸な時間こそ、生きている時間……そうとらえて。

人は、不幸な時に成長し、幸せな時に、ひと休み

人間、幸せなばかりじゃつまらない……そう言ったけれど、幸せなばかりじゃ人間育たない、成長しないのだってことも時々思い出したい。スポーツを見てたってそう。勝てなかった時にこそ、人は進化する。勝利した時の“幸せ”はまったく格別のものだけれど、厳密に言うとそれは“幸せ”というよりも、大きな安心。どうひっくり返っても人は伸びない。何であれ、勝負に勝った時って、必ずホッとする。心の底からホッとする。全身の力がスーッと抜けていくように。それが人間を丸ごと弛緩させてしまうのだ。

やっぱり人を育てるのは、“負けること”であり、“不幸せな時”なのだ。幸せは不幸エネルギーで頑張った人が、“ひと休み”するためのオアシスみたいなもの。オアシスだからどっちにしろ、長く滞在できる場所じゃない。しばらく心身をゆるゆるにして休んだら、また多少の“負”の状態に自分を置いて、自分を育てていく、その繰り返しが大切なのだと思う。

激しく運動した翌日、体がひどく痛く、腕や脚があがらなかったりするけれど、じつはその痛みこそ、“新しい筋肉がつくられているサイン”なのだとか。痛んでいる時こそ、成長している。心が傷んでいる時も同じように、心の筋肉が強くなっているはずで、不幸をひとつ乗り越えるたびに人間が強くなるのは、やっぱり疑いようのない事実なのである。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ