1. 運が味方する女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

運が味方する女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

運が味方する女

"運が味方してくれる女"とは"人が味方してくれる女"。"運"は人がくれるのだ。

たとえば、新人女優発掘オーディションか何かでグランプリをとって、ほぼ完璧な形で用意された“成功へのレール”の上をよろけることもなくスルスルと進んでいって、大スターになっていく女がいたとしよう。まあ、そういう場面で“一番”になれるのだから、美貌とプロポーションとそれなりの才能と、そして人を惹きつける力をすべてくまなく備えていた……と思うのが妥当。つまり“持って生まれたもの”も含めて、この人は相当に恵まれている。世間はみんな彼女を羨むだろう。神様に味方されている女だって。

けれども、大ブレイクしてしまった時ほど反動も大きい。“旬の女”の名をほしいままにしたその女優は、ほんの数年でまたスルスルと後退していき、“落ち目の女優”などと呼ばれてしまうことになる。この時世間はこう思うのだ。「まあ気の毒に。でもよかった。私があの人の立場じゃなくて」って。とりわけ同じオーディションを受けて落ちてしまった女たちは、「落ちた自分のほうが運がよかったのかも」と思うのだろう。でも厳密に言うと、スターになった女優は運が悪かったのではない。むしろ“運はいい女”。しかしせっかくのその運を生かせなかった女なのだ。

日本人は“チャンスが来る”というが、アメリカ人は“チャンスを掴む”という。日本人の場合、チャンスは向こうからやってきて、人を幸運で包みこんでくれると思いがちだけれども、本来チャンスは自分で見つけてすかさず掴むもの。
運についても同じなのだろう。本当は“運のいい女”も“運の悪い女”もいない。“運を生かせる女”と“運を生かせない女”がいるだけ……なのである。ただその前に、運を生かせるか生かせないかは別として、“運を呼びこむ女”と“運を呼びこみにくい女”がいることは確か。さてその違いって、一体何なのだろう。これはもう“運”のことだから、どこでどう現れて、誰をどう味方してくれるかわからない。まずオーディションに落ちた女たちは、決して“運がよかった”のじゃない。あそこで運を呼びこめなかったのは確かなのだ。