連載 齋藤薫の美容自身stage2

運命のせいにする女

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

運命を切り開けるのは、不幸な結果を”自分のせいにできる女”だけである。

電車で同じ人と同じ場所に乗り合わせるのも、3回目までは偶然の範疇でも、4回目になるとこれはさすがに“運命”かもしれないと思う。けれど、それがまったく好みのタイプじゃなかったら、10回乗り合わせても“運命”とは思わない。逆に好みの男なら、2回目だって“運命”を大いに感じてしまう。女はけっこう“運命”を、そういうふうに都合よく使ってる。目的に合わせ、用途に合わせて好きな時に持ち出しているものなのだ。

もちろん、恋人に思い切りフラれたり、結婚がダメになった時など、これは“運命”で決まっていたことなんだって思ってしまってもいい。なぐさめになるし、諦めもつく。もっと言えば、“愛する人を亡くす”のは、紛れもなく運命だ。こればかりはもう最初から決まっていたことで、自分が何をしても、また何をしなくても、結果が変わることはなかったのだから。そんなふうに、人は時と場合に応じて“運命”を持ち出さないといけないこともある。自分をこわさないために。しかしその一方で、“運命”にしてはいけないことまで、何でも“運命”のせいにしてしまう人がいる。

入試の時、受験番号を間違えるのは単なる“不注意”。また、勉強不足で落ちた試験こそ、100%自分のせいなのに、“運命”のせいにしてしまう。そこに反省はひとつもないから、たぶん次もダメだろう。“運命”ではないことを“運命”のせいにしてしまうことで、どんどん流れが悪いほうに向いていく。そこに気づかないといけないのだ。そもそも人間、何事も“うまくいく”と、それは“運命”ではなく、私の力。“うまくいかない”と、“運命”のせいにしがち。これは、“何でも人のせいにしてしまう”のと同じメンタリティ。いやたぶん、“運命のせいにする女”は、同時にいつも“人のせいにする女”。自分を正当化する人は、いつどんな場面でもぜったいに自分は悪くない、だから相手のせいにする。その対象となる人間がいない場合は、運命を持ち出して運命のせいにするのである。だから、そういう人からは運が逃げていき、結果として気がつくとよくない流れの上を歩いているものなのだ。

“運命”とは確かに、人間の意思に関わりなく、身の上に巡ってくる吉凶。人の力ではどうにもならない作用。でも同時に“運命を切り開く”という言葉も存在する。実際、生まれつきすべてが決まっている人生なんて、つまらなさすぎる。決められたコースの上をただ歩かされているなんて、そんなつまらない話はないと思う。だいたいが運命とは“人の人生は天命に支配されている”という思想に基づいたもの。運命なんて、そんなもの信じないというなら、それでもいいのだ。少なくとも運命は自分の力で切り開けると思っていたほうが、人間積極的になれる。全部決まっているなら、別に努力する必要がなくなるし、向かい風に向かっていくようなことをしなくなるだろう。だから運命なんて信じないほうが、間違いなく人生はよい方向に行くのである。

極端な話、どんな家庭に生まれたか、どんな親にどんなふうに育てられたか……そういうことは明らかに“親”が介在しているから、宿命……すなわち前世から定まっている運命なのだろう。でも、学校の成績にはもう運命は関わってこない。もちろん、頭の良し悪しという遺伝は紛れもない運命だが、そこで親を恨んでいるヒマがあったら、そのぶん勉強すればいいじゃない?という話になる。それからの自分の人生は、すべて“切り開ける運命”だから、不幸な結果を運命のせいにすると、いいことはないのである。

とはいえ、愛する人が亡くなったりした時の苦悩は、運命の名のもとに乗り越えるほうがよく、運命も使いよう。他人が関わった時だけ、運命のせいにしていいということか。たとえば激しくフラれた時は、相手を恨むより運命を恨んだほうがいいからだ。恋愛の半分は運命に支配されているものと考えて、あまりそれに逆らわないほうがいいのかもしれない。さらに会社での立場も、上司が評価を下す部分では、相手との“相性”という運命が少しだけ働く。とてもデキる人間が、上司とウマが合わないというだけの理由で冷遇されることはありうるし、“嫉妬”されて排除されたりもするだろう。でも、そういう時は、幸い神様がちゃんと見ていて、必ず助け船を出してくれる……と考えていいと思う。本人が頑張っているのにもかかわらず、運命による歪みが生じた場合は、運命が助けてくれるのだ。その嫉妬深い上司が失脚する、とかね……。

しかし、そんなことで神様に頼るのも何かみみっちい。ともかく大人になったら、人生ほとんどのことは、自分のせい。うまくいかない時ほど、自分のせいと思った人の運命こそが、好転する。世の中とはそういうもの。つまり、運命を切り開けるのは、“自分のせいにできる女”だけなのである。

運命って、考えて考えて“やっと思い当たるもの”なのに

入試の失敗を、“運命”のせいにするのは間違いだと言った。それは他者が介在していないから。百歩譲って就職試験は、試験官との相性が悪かったという“運命”の影響を一部受けたと言えるのかもしれないが……。でももっと言うなら、運命とはなかなか解けない問題みたいなもの。だから、そんなにパンと簡単に“運命”の存在が見えるものではない。考えて考えて、ああこれは“運命”がもたらした結果なのかもしれないと、後になってわかる種類のものだと思うのである。

たとえば、いろんな仕事をやってみたのにどうしてもうまくいかず、私はダメダメ女と、すっかり自信を失っていたけれど、たとえばお菓子を作る仕事についたら、これが明らかに天職と思えるほど上手にこなせて、たちまち自分の店を持つまでになってしまったような時、ああそうか、自分はこの仕事につくために、今まで何をやってもうまくいかなかったんだと、後から思うもの。後から考えて考えて、謎が解けるように納得する、それが運命なのだと思う。

それまで誰と付き合っても長続きしなかったのも、今の恋人に会うためにこそだったんだと気づくのも、まさに後になってから。ポンとその場でわかるような運命は、運命じゃないのだ。運命は、もっとややこしい。複雑に人の人生に絡みついていてこその運命だって、忘れないでいてほしい。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ