1. 遅咲きの女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

遅咲きの女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

遅咲きの女

今や50代60代の遅咲きもあり。でもちゃんと美しくしないと世間は才能も認めてくれない。

昔1930年代から1950年代初めにかけて一世を風靡した“原節子”という女優がいる。ちょっとエキゾチックな華やかな美貌と、“美しい日本語”を聡明に操る“しとやかさ”のコントラストが、近寄りがたい雰囲気をつくっていた当時のカリスマ。でもこの人の名がその後半世紀以上たっても語りつがれているのは、たぶん若くして引退してから一切姿を現さず、“幻の大女優”と言われるようになったからかもしれない。

20代後半から30代で、今を盛りと大輪の花を咲かせていたのに、40代になって突然のように姿を消す。ファンの夢を壊したくないから……と語り、なおさら“幻”感を増してしまったのである。変わっていく姿、老いていく姿を見せたくない……そういう潔さは女優としてカッコイイが、じゃあそれから先の人生をどうするつもりだったのか?もちろん女優よりやりたいことがあったのかもしれないが、完全なる隠遁生活には長すぎる日々。でもその引退劇は、女が女をリタイアしてしまう大きな目安になってしまった。この40歳リタイアという基準は、ついこの間まで続いていたような気がする。でも今、大勢はすっかり逆転した。むしろ40代からようやく満開となって今を盛りと咲き誇る人が増えているのである。