1. 正妻な女vs.愛人な女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

正妻な女vs.愛人な女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

正妻な女vs.愛人な女

"いい人"すぎると、女は結婚できない。だから"愛人な女"はズルくなれ。

正妻vs.愛人……もっとも歴史ある女の戦い、とそう言ってもいいだろう。“大奥”はもちろん、どこの国でもちょっとした権力のまわりでは、正妻と愛人たちが、ご寵愛を競い合ってきた。しかも、それは途切れることなく現代まで続いてきたのに、“愛人”の立場だけが時代とともに変化を遂げてしまう。昔の愛人は“妾”として男に養われていたが、男もしだいに図々しくなり、女も自立するほどに養われない愛人が増えていったのだ。“妾”の数は減り、養う財力もないのに、ちゃっかり愛人を持つ男が増えていく。

と同時に、男は愛人の存在を秘密にするようになる。“妾”は男の甲斐性とばかりにけっこうオープンにされたが、現代の愛人は、まず妻に見つからないことが大前提となった。しかしそれとは逆に、当の愛人はかつての“妾”のように黙ってダンナ様の“お帰り”を待つ、みたいな立場におさまってはいない。やがて女がさらに経済的自立を果たすようになると、男と愛人はほぼ対等の立場となり、“愛人”という言葉すら隠微にすぎるとされ、今は“愛人”より“恋人”とか“彼女”と呼ぶほうがピンとくるようになっている。

それでも、正妻と愛人の戦いは終わらない。存在を伏せているぶん、妻は想像たくましく愛人の存在を突きとめようとするし、愛人のほうにも妻には負けまいという闘争心のようなものが生まれていく。妾は妻の座を最初から諦めていたけれど、今どきの“恋人”は、まったくひるまず男の離婚を待ったりする。だから、二人の女は、お互いの顔も知らないのに、むしろ以前よりも一触即発、とてもデリケートな関係にあると言っていい。