連載 齋藤薫の美容自身stage2

正妻な女vs.愛人な女

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

“いい人”すぎると、女は結婚できない。だから”愛人な女”はズルくなれ。

正妻vs.愛人……もっとも歴史ある女の戦い、とそう言ってもいいだろう。“大奥”はもちろん、どこの国でもちょっとした権力のまわりでは、正妻と愛人たちが、ご寵愛を競い合ってきた。しかも、それは途切れることなく現代まで続いてきたのに、“愛人”の立場だけが時代とともに変化を遂げてしまう。昔の愛人は“妾”として男に養われていたが、男もしだいに図々しくなり、女も自立するほどに養われない愛人が増えていったのだ。“妾”の数は減り、養う財力もないのに、ちゃっかり愛人を持つ男が増えていく。

と同時に、男は愛人の存在を秘密にするようになる。“妾”は男の甲斐性とばかりにけっこうオープンにされたが、現代の愛人は、まず妻に見つからないことが大前提となった。しかしそれとは逆に、当の愛人はかつての“妾”のように黙ってダンナ様の“お帰り”を待つ、みたいな立場におさまってはいない。やがて女がさらに経済的自立を果たすようになると、男と愛人はほぼ対等の立場となり、“愛人”という言葉すら隠微にすぎるとされ、今は“愛人”より“恋人”とか“彼女”と呼ぶほうがピンとくるようになっている。

それでも、正妻と愛人の戦いは終わらない。存在を伏せているぶん、妻は想像たくましく愛人の存在を突きとめようとするし、愛人のほうにも妻には負けまいという闘争心のようなものが生まれていく。妾は妻の座を最初から諦めていたけれど、今どきの“恋人”は、まったくひるまず男の離婚を待ったりする。だから、二人の女は、お互いの顔も知らないのに、むしろ以前よりも一触即発、とてもデリケートな関係にあると言っていい。

一方で“正妻のイメージ”と“愛人のイメージ”も、以前とは大きく様変わりしたと言っていい。貴族や財界婦人は別として、正妻はわりに四角四面で地味な女。一方かつての愛人は実際に元芸者などが多かったというから、男好きするいかにもな愛人タイプ……だったはずなのだが、“平成”に入るころから、そのイメージにズレが生じる。正妻のほうがブランドもの大好きの派手な女で、愛人のほうがむしろお料理なんかもうまい“癒し系”だったりというケースが増えてきたのである。これは単純に、日本の“妻”のあり方が変わってきただけのことなのかも。“正妻にないものを愛人に求める”という、浮気の大義名分がくずれ、男たちが単に浮気なだけ、いっぱい女が欲しいだけという無節操な浮気が増えてきたせいなのかも。

そして、正妻になりやすいタイプの女と、愛人になりやすいタイプの女も、明らかに以前とは変わった。じつは男たちのこんな会話を耳にしてギョッとしたことがある。「●●さんは、すっごくいい人だから、なかなか結婚できないよね。やっぱり愛人タイプだよね」

何か、一見逆に思えるこの判断……。しかし男たちは明らかにそういう認識なのである。いい人すぎると女は結婚できない……という。もちろんこれは、あくまでも男の側から見てという話。たぶん彼らは、女に結婚をせまられるという経験から、そういう疑念を持ってしまったのだろうが、きっちり結婚にこぎつける女は、それなりに計算もちゃんとできる女。逆に、いつまでも結婚できずにいる女は、少なくとも初めから結婚狙いで男に近づいたりする計算はできないタイプ。どこかの国会議員のように聡明な女が多いのも特徴だ。つまりけっこう常識人で「結婚、結婚」と騒ぎたくない。おまけに相手の心の中が読めてしまうからこそ、相手の気持ちを尊重してしまったりするバランス感覚が、なおさら自分を結婚に強く押し出せない、そういうタイプ……。

けれど、そういう女性こそ、男を安心させ、さりげなく癒しているから、ちゃあんと男に愛される。何だかんだいつも恋人がいる。でも不幸にも、ある年齢からはその相手が妻帯者になってしまうから、気がつけば愛人。それだけのことなのじゃないか。だから、今どきの“愛人タイプ”は、誰もが認める“ちゃんとした人”しかも“いい人”が多いのである。

それをよく知っているのは、女より男。困ったことに本人たちも、結婚できないのは“いい人”が災いしているのだなんて全然気づいていない。たとえ気づいていても急に放漫になったりできないから、なおさらいつまでも結婚できない。でもそういう女は、大人として成熟するほどよけいに男に必要とされてしまうから、“愛人人生”まっしぐら……というふうになりがちなのである。今の時代、正妻は本当にいろんなタイプがいる。いい女から困った女まで、本当にいろいろ。でも、愛人のほうは、けっこうタイプが限られる。

“いい人”以外は、ひとまず自分のお嫁入り前に、ひと通りの体験をしておこうという“お試し愛人タイプ”。人のものばかり欲しがり、本気で奪えると思っている“奪略愛人タイプ”。そしてまったくのお遊びでついでにいろいろ貢がせておこうとする“おねだり愛人タイプ”……。しかしこれらはいずれも、愛人関係が長続きしない。3人とも自分が損をするのは絶対イヤなタイプだから。結果として長く愛人を続けるのは、やっぱり損得を考えない“いい人”に限られるのだ。

だから“愛人な女”は、もっとズルくなろう。“愛人”は文字どおり“愛の人”だが、愛より“自分カワイさ”に心を砕こう。身勝手になって自分の未来だけをズルく考えたら、愛がふと縮むかも。だって今の男は財力や甲斐性で愛人を持つのじゃない。一人の女を愛せないから愛人をもつのだもの。妻と別れて“恋人”と結ばれても、また“恋人”をつくる男かも。だからもう少しズルくなる。そして夫を疑う正妻は“見知らぬ敵”がそういう女なのだってこと、よく承知しておくべきである。

やっぱり“恋愛体質”の女ほど、愛人になりやすい

“不倫”を絶対にしない女には、2タイプいる。不倫とは文字どおり、倫理にもとる行為という古風な考えを持ち続けるタイプか、結婚願望は強いのに、恋なしでも生きられるタイプ。恋愛よりも“自分磨き”とか“自分の将来”のためにせっせと時間とお金を使うタイプと言ってもいい。恋よりも自分が大切な女は、既婚者とは恋愛などせず、とっとと結婚するだろう。ちなみに“玉の輿”狙いの女は、もちろんこのタイプ。“いい結婚”を狙うことは、“自分の将来”をかっちり形づけることに他ならない。

逆についつい“不倫”してしまうのはやっぱり恋愛体質の女。自分の将来を考えて恋愛感情をコントロールしたり、人生に計画など立てられないタイプ。作為的に結婚にもっていく思考回路を持っていないから、気がつくと恋をしている。相手が結婚していようがいまいが、恋に落ちている。つまりそういう女は、愛人になろうとしてなるんじゃない、気がつくと愛人になっているのである。変な言い方だけれど、ある意味女は“自分”を取るか“恋愛”を取るか、二者択一みたいなところがある。

恋愛は大きな“幻想”。かけがえのない感情だが、それで生計は立たない。実体のない、形のないものだからやがて消えてしまうもの。でも結婚は、子供はもちろん家も建てば財産も残る。どちらを取るか……とはそういう意味。愛人は、むしろ純愛な女、まさに愛の人なのだ。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ