連載 齋藤薫の美容自身stage2

1番の女と2番目の女

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

1番にもすぐなれる、ゆとりある2番…… 賢い女はそこを狙う。

最初から“2番目の女”になろうとする女はいない。恋愛において女が“2番目の女”を自ら志願するのは、すでに決まった彼女がいる人をそれを承知で好きになる純愛なのか、ひとりよがりなのか、どっちにしろ少し理性を失っている恋愛においてのみ。“2番の女”が幸せになれる道理がないからである。愛人の道を選んでしまう女も、初めから“2番目の女”になろうとしたわけじゃない。いや、厳密に言うと、“愛人”は決して“2番目”に甘んじていない。意識して“1番目の女”を自覚しようとする。妻がありながら自分と一緒にいようとするこの男にとって、私はたぶん1番の女……だからその証拠に、たとえ妻にさほど敵対心がなくても、妻以外の女に男が心を動かすと、愛人は猛然と嫉妬をする。女はやっぱりどんなシチュエーションに置かれても、あくまで“1番”でありたいのだ。何らかの1番であろうとするのである。

ところが実際に、盆、暮れ、正月と、不倫の彼とはどう頑張っても会えない日、ヘタをしたら毎週末のように、愛人は“2番目”の席次を突きつけられたりする。つまり気がつくと1番と2番の間を揺れ動く状態にあるのだ。そして一方の正妻も、文句なく“1番の女”を日々自覚していると思いきや、これがそうでもなかったり。それは大奥の時代と一緒で、正妻は法律上の1番である代わりに、つねに実質1番の立場を狙われていると考えていい。ほんの少しでも夫に疑わしい行動がある場合、妻はたちまち“2番”の気分にさらされる。“1番”を知らないうちに誰かに奪われて、右往左往、けれどみずから2番の席には座りたくないと悶々とする。じつは正妻も、1番と2番の間をけっこうウロウロとするものなのである。ただその揺れ動いている状態が、じつは不思議に女を伸ばす。緊張感を保ちつつ、見えない相手と張り合うことが、自然に女を魅力的に見せるのだ。

だから正妻と愛人の見えない戦いは、二人の女を否応なしに美しく磨いてしまう。何かのドラマの結末みたいだけれど、一時はお互いあんなに競い合った男を、切磋琢磨してさらに成熟していった女たちが知らないうちに超えてしまい、彼女たちにとって、取るに足りない男になっていくことさえあるかもしれないのだ。だいたいが、他の女のカゲが1%も見えないような夫と生きるのはとても平和。だけれども、“1番”以外すべて空席なら、1番も2番もない、どこに座ろうと自由だからこそ、だんだん女として緩んでくると言ってもいい。

欧米では“妻の座”が日本よりもっと安泰ではないからこそ、独身時代より妻になってからのほうが女はキレイ。夫の浮気は夫が不誠実なのではなく、妻に魅力がないのが原因だと考える国だからこそ、妻は1番を自分の指定席にしようと努力する。他の女と同じ土俵に立ちつつ、1番であろうとするのだ。子供を作っても籍を入れない夫婦が少なくないように、自分は夫にとって妻である前に“ひとりの女”という緊張状態が続くから、結婚してからも妻は年々セクシーになり続けるのだ。自分は妻なんだから当然“1番の席”に座って然るべき、と思いつつ、その席を脅かされてまごまごする日本の妻とは、根底にある意識からして違うのである。

どちらにしても“1番の席”が永久に自分のものであることは、女にとってベストだとは限らない。ヘタをすると退屈な日々や退屈な女を生んだりする。そして恋愛もしていない、好きな人もいないという女には、1番も2番も3番もない。順位自体がない、それではまた女が緩んでしまう。そう、まだ結婚が決まっていない恋人同士も、お互い1番でありながら、たったひと晩でその席次を失う可能性がある。だから恋は切ないしときめくのだ。

ひょっとすると女は1番と2番、ずっとどっちにも安住できずに揺れ動いてたほうがいいのじゃないか。そして、1番か2番かを行き来していると伸びるのは、恋愛や結婚においてだけじゃない。オフィスやクラスでも、そういうポジションに揺らめいていることができたら、理想である。不動の1番は、反発も買うし、何かにつけて目立ちすぎるから動きにくい。追われるだけの立場も疲れるだろう。その点、いつでも1番になれる“ゆとりある2番”に何となく控えている人って、女にも男にもいちばん好感を持たれていたりする。自分の魅力や実力はきっちりアピールしながらも、突き上げられず妬まれず、さほど目立たないぶん、快適なのである。しかし万年“2番の女”は、結局そこまでの女というイメージが固定してしまうから、できれば時々“1番”にもなってみたりする。そんなことができればの話だが。

女は“高嶺の花”になりすぎてもまた損をする。ただ眺められているばかりで、手に取ることができないと、本当に人を遠ざけてしまうから。女はあくまで相手を安心させて、ふと手を伸ばしたくなるくらいがちょうどいい。本当の意味でモテるのは、2番のあたりにいる女なのである。「1番の女より、ボクは2番のB子がいいなぁ」というのが、男の心理。「ボクも」「ボクも」と、という声が続くのは、2番の女の不思議な引力と言っていい。それは言わば、女の処世術。がむしゃらに1番をむしり取るよりは、涼しい顔をして2番にも甘んじられる。それは、すぐ1番にもなれる自信があるからなのだろう。1番にもなれる2番……それが賢い女の選択。そういう位置に何となく自分を置いておくのはどうだろう。

ミスコンで、1番の女より2番のほうがキレイなわけ

たまーに見かける“ミスコン番組”、ヘタなドラマの結末よりはるかにおもしろいから、ついつい最後まで見てしまう。とはいえ、こちらの予測が当たることはほとんどない。一等賞を獲るのはきっとこの人……それがことごとくハズれるのである。やっぱりナマで見るのとテレビで見るのとでは違うのだろうかとか、テレビだと人の魅力って伝わりにくいのだろうかとか、いろいろ理屈をつけてみるものの、いまいち不満。でも往々にして、2番になった女性のほうが、魅力的だったりするもの。準ミスとか特別賞とか、2位になる女性のほうが、明らかにキレイだったりするもの。それはタレントオーディションも同じ。“グランプリ”じゃなくて“審査員特別賞”みたいなものを獲る子のほうが、こちらには光って見えるのだ。

でも私たちのそういう目は決して間違っていなくて、実際彼女たちがデビューした時、1番を獲った子より2番の子のほうが大成するケースは少なくないのである。たぶん審査員たちは、1番を決める時、こう思うのだろう。この子が1番じゃ順当すぎておもしろくないのじゃないか……。少しみんなをハッとさせる結果を残さないと……。意外性を演出しないと……。みんながそう思うから、本来が1番の子は2番になり、1番は意外なところから現れる。世の中わりにそういうしくみになっているのである。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ