1. 1番の女と2番目の女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

1番の女と2番目の女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

1番の女と2番目の女

1番にもすぐなれる、ゆとりある2番…… 賢い女はそこを狙う。

最初から“2番目の女”になろうとする女はいない。恋愛において女が“2番目の女”を自ら志願するのは、すでに決まった彼女がいる人をそれを承知で好きになる純愛なのか、ひとりよがりなのか、どっちにしろ少し理性を失っている恋愛においてのみ。“2番の女”が幸せになれる道理がないからである。愛人の道を選んでしまう女も、初めから“2番目の女”になろうとしたわけじゃない。いや、厳密に言うと、“愛人”は決して“2番目”に甘んじていない。意識して“1番目の女”を自覚しようとする。妻がありながら自分と一緒にいようとするこの男にとって、私はたぶん1番の女……だからその証拠に、たとえ妻にさほど敵対心がなくても、妻以外の女に男が心を動かすと、愛人は猛然と嫉妬をする。女はやっぱりどんなシチュエーションに置かれても、あくまで“1番”でありたいのだ。何らかの1番であろうとするのである。

ところが実際に、盆、暮れ、正月と、不倫の彼とはどう頑張っても会えない日、ヘタをしたら毎週末のように、愛人は“2番目”の席次を突きつけられたりする。つまり気がつくと1番と2番の間を揺れ動く状態にあるのだ。そして一方の正妻も、文句なく“1番の女”を日々自覚していると思いきや、これがそうでもなかったり。それは大奥の時代と一緒で、正妻は法律上の1番である代わりに、つねに実質1番の立場を狙われていると考えていい。ほんの少しでも夫に疑わしい行動がある場合、妻はたちまち“2番”の気分にさらされる。“1番”を知らないうちに誰かに奪われて、右往左往、けれどみずから2番の席には座りたくないと悶々とする。じつは正妻も、1番と2番の間をけっこうウロウロとするものなのである。ただその揺れ動いている状態が、じつは不思議に女を伸ばす。緊張感を保ちつつ、見えない相手と張り合うことが、自然に女を魅力的に見せるのだ。